茶臼山高原自然観察ハイキング

平成21年7月11日(土)
d0105723_16173613.jpg萩太郎山(1358m)と茶臼山(1415m)で自然観察ハイキングを開催しました。
午前中は矢筈池を周遊し野草園を観察。午後は「自由の丘」から「愛の小路」と「休暇村登山ルート」を歩きました。参加された方に感想をうかがうと、カエデの種類の豊富さに驚かれたとのことです。最後は「高原の美術館」を見学し、豊橋に戻りました。
[PR]
# by honokuni1997 | 2009-07-13 15:23 | 自然観察会

穂の国豊かな暮らしのセミナー(第1回)

平成21年7月9日(木)
d0105723_1654560.jpg第1回目となる今回は、「持続可能な森づくりのためのデザイン」とテーマに、静岡文化芸術大学デザイン学部の宮川潤次先生を講師にお迎えしました。

持続可能な森づくりのためには、“森林の生態系保全”、“地域の人のつながり”、“暮らしを支える産業”の3つの要素が互いに連携しバランスを保ちながら支えあうことが大切。自然環境を守り・再生するエコロジカルなランドスケープデザイン、環境負荷の少ない緑の建築や生活スタイルのデザイン、近くの森の木で造る家や家具など、持続可能な森づくりを支えるデザインの力についてお話しいただきました。
[PR]
# by honokuni1997 | 2009-07-10 16:12 | 定例会など

武蔵精密工業(株)さんの森づくり支援

平成21年6月27日(土)
愛知県民の森で、武蔵精密工業(株)さんの「ムサシの森づくり」活動のお手伝いをしました。
気がかりだった梅雨真只中の天気も幸い晴れ、緑いっぱいの中、参加者総勢59名がすがすがしい汗を流されたそうです。次回は11月を計画しています。
[PR]
# by honokuni1997 | 2009-07-09 15:43 | 森づくり支援

第9回定時総会を開催しました

平成21年6月22日(月)
豊橋商工会議所で第9回定時総会を開催しました。
任期満了に伴う役員改選で、新理事長に神野吾郎さんが選任され、各議案は提案どおり満場一致で可決されました。
総会後は、穂積亮次新城市長、浦井巧愛知県新城設楽農林水産事務所長、神野吾郎理事長による記念鼎談を開催しました。
[PR]
# by honokuni1997 | 2009-07-08 13:27

穂の国みんなの森、ヤマザクラが咲いてます!

平成21年5月2日(土)
今回は、2グループに分かれて作業開始です。
大人たちは作業道にかかっている橋の補修、子供達は楽しい水遊び。

d0105723_19305975.jpgd0105723_19321758.jpg
お昼は、お楽しみ昼食会!

d0105723_14115669.jpg
d0105723_19535464.jpg
山は、黄緑色の層が厚くなってます。
今年もヤマザクラがしっかり咲きました。
探してみるとカスミザクラも咲きだしていました。きれいでしたぁ。
カナクギノキやアブラチャンも咲いてました。

(下写真は左から、リョウブ、ヤマザクラ、カナクギノキ)
d0105723_2024835.jpgd0105723_2031996.jpgd0105723_14144725.jpg
[PR]
# by honokuni1997 | 2009-05-06 20:14 | 穂の国みんなの森(段戸)

穂の国みんなの森に間伐材を運びました

平成21年4月22日(水)
d0105723_18241017.jpg作業道の補修のための材をいただけることになったので、トラックで「穂の国みんなの森」まで運びました。
いただいた材というのは、段戸の西川という地区の間伐材です。
伐り倒してある手頃な太さの木を選んで枝を払い、持ち上げて運び、トラックに積み込みました。時には山の上から投げ落としたりして、注意が必要な作業です。
d0105723_18273164.jpgd0105723_18362599.jpgみんなの森に運びこんでからは、皮むきです。
皮はむかなくてもいいらしいのですが、私はいろいろな作業の中で、皮むきが一番好き♪
するっとむけて、しっとりしたきれいな肌が見えると嬉しいし、虫が這い回った跡もおもしろいのです。
d0105723_1840929.jpg新緑が始まり、クロモジ、シロモジ、アブラチャンなど黄色の小花達が満開です。
何度「あー、きれい」と口にしたことか。
ミツバツツジの紅紫色が目立っていました。

帰りは、段戸湖で臨時販売をしていたコシアブラを買って、家で天ぷらにして食べました。家族にも大好評の春の恵みでした!
d0105723_18571526.jpgd0105723_18563744.jpg

 ↓ シロモジの花
d0105723_14212933.jpg
[PR]
# by honokuni1997 | 2009-05-06 19:26 | 穂の国みんなの森(段戸)

プリティフォレストクラブの活動~竹林整備~

平成21年4月19日(日)

d0105723_202014100.jpg毎年恒例、田原市の鵜飼さんの家の竹林整備をしました。
竹林では、竹が伐り倒されていく横で、女性と子供達がタケノコ取りをしました。
今年のタケノコは太く、あちらこちらに顔を出して、早く取ってといわんばかり。
毎年、間伐を重ねていったことで、いいタケノコがとれるようになったそうです。
作業は午前中で切り上げ、鵜飼さんの家の庭に移動し、お楽しみの昼食です。
鵜飼さんご夫婦が、カキやアサリの炭焼きや酒蒸しを用意してくださり、このカキがとっても美味しくて、私は1年分くらい食べてしまったかも。
作手から参加の山本さんは、山菜とシイタケの天ぷらの持って来てくださいました。
庭に咲くきれいな花々を眺めながら、おいしい海の幸、山の幸を食べ、帰りにはお土産までたっぷりいただいて、すっかりご好意に甘えて大満足で帰りました。ごちそうさまでした!

d0105723_20213218.jpgd0105723_14314654.jpg

d0105723_20224876.jpg・・・そういえば、8年くらい前のことだったでしょうか。
鵜飼さんが「昔の渥美半島は水が乏しく貧しい土地だったが、今は奥三河から流れる豊川の水を引っぱってきたおかげで豊かに潤っている。ここに住む者として、山に何かお返しをしたいのだ」と話してくださったことを思い出しました。
そういう動機で活動をずっと続けていらっしゃる鵜飼さんは、本当に偉い方だなぁと思います。
[PR]
# by honokuni1997 | 2009-04-29 20:51 | プリティフォレストクラブ

「穂の国みんなの森」9年目の活動開始

平成21年4月1日(水)
今年の活動が始まりました。天気は晴れのち雨。みぞれも降りました。
まず最初の作業は、標識板や作業道の点検と林内の様子の確認です。

d0105723_20561022.jpgd0105723_14265046.jpg
今年は季節が早く訪れているようで、マンサクの花はちょっぴり残っている程度。
ひときわ賑やかに咲いていたのはアセビ。クロモジやバッコヤナギも咲いていました。
ミズキは、吸い上げた水が傷口から流れ出ていました。

d0105723_2134686.jpgd0105723_214374.jpgd0105723_2142066.jpg
d0105723_2112612.jpgd0105723_21124739.jpg
それから時々目に付いたのは、ウサギやシカが樹皮をはいだ跡。
この山のどこかにいるのですねぇ。

今年はどれだけの変化を見つけられるかな。
楽しみです!
[PR]
# by honokuni1997 | 2009-04-13 21:39 | 穂の国みんなの森(段戸)

20年度も今日が最後

d0105723_19365281.jpg藤七原湿地で見たシデコブシの蕾です。
今頃は、満開ですね。

豊橋創造大学のT-Worksさんにお願いしていたホームページの管理を、事務局ですることになったのは、ちょうど1年前。
この不定期の“事務局だより”は1年間だけのつもりでしたが・・・・もうちょっとだけ続けてみようかな、と思ってます。
[PR]
# by honokuni1997 | 2009-03-31 19:44

公開シンポジウム「生物多様性から観た東三河の森・川・海」

平成21年3月7日(土)
東三河自然環境ネット主催の公開シンポジウム「生物多様性から観た東三河の森・川・海」を愛知大学記念会館で開催しました。

d0105723_15585672.jpgd0105723_1542534.jpg
■ 基調講演 「森林から観た生物多様性の保全」
          藤森隆郎 氏 ((社)日本森林技術協会技術指導役)
■ パネルディスカッション
     □ コーディネーター
          藤田佳久氏 (愛知大学文学部教授)
     □ パネリスト
          横山良哲氏(鳳来寺山自然科学博物館前館長)
          大須賀哲夫氏(豊橋うみがめクラブ代表)
          高橋豊彦氏(NPO朝倉川育水フォーラム理事長)
     □ コメンテーター
          藤森隆郎 氏

d0105723_16334264.jpg

←開会挨拶は、東三河自然環境ネット会長の原田さん。
来賓として、環境省中部森林環境事務所の統括自然保護管理官、恒富豊さんにもご挨拶いただきました。

楽しみにしていた藤森さんのお話は、期待どおり論理的で聴き逃したくない内容ばかりでした。簡単に箇条書きにすると以下のような内容であったかと思います。

◎森林は陸上に日影を作り、生物の歴史において進化の原動力となった。
◎森林の構造は、様々な生物に多様で安定した生息場所を提供する。いろいろな生育段階の木で構成されている天然林は、生物多様性が高い。
◎地域の人達が、地域の森林をどのようにしていくか自らの考えで工夫していくことが必要。
◎日本の最大の資源は、水、太陽、土。それを一番機能させているのが森林であり、日本の自然はほっておけば森林になる。つまり、最大の資源は「森林」。
◎現在の生態系の中で循環しているものを有効に活かして、生態系に即した生活スタイル、産業スタイルを築いていくことが大切。
◎教育では「自然を知る」ことが最も大事であるのに、おろそかにされている。生物間のつながりや人間との関わり、人間も生物の一種であるということをどうとらえるのか、といったこと。最後の価値判断や行動基準は、自然の法則性やしくみ、というところから考えることが大事。
◎1次産業こそ優秀な人がつくべきで、力を発揮できるところ。生物多様性の保全のために、教育は根本的に変えていく必要がある。


それから、個人的にもう一言。
今回、こんな素人の私で申し訳ないのですが、初めて司会をさせていただきました。
緊張して震えていたので、とにかく終わってホッとしています。
いろいろ気遣ってくださった東三河懇話会の三上さんをはじめスタッフの皆さん、本当に感謝です。ありがとうございました。
[PR]
# by honokuni1997 | 2009-03-18 15:26 | 東三河自然環境ネット