企業の森活動日記 中部ガス・ガステックサービス㈱ サーラの森

4月21日(土)
「サーラの森」番外編
「サーラの森」の林道沿いの法面(のりめん)には、実生のマツやヒノキ・雑木が大きく育っています。その上、林道に大きく張り出し見通しをも妨げています。
d0105723_10150533.jpg
その大きく育った木々が強風で揺れ、法面が崩落する恐れが出てきました。壊れてからでは遅すぎますので「伐採」し、危機回避します。

当会プリフォレメンバーに応援を要請し、一挙に片づけます。
d0105723_10151775.jpg

午前8時半から作業を始め、お昼頃にはさっぱりと綺麗になりました。
d0105723_10152924.jpg

昼食後は、懸案事項?であった、倒木を処理します。ホダ木を押しつぶしそうに倒れています。メンバーと伐倒方法を協議の上、処理に掛かります。
d0105723_10154992.jpg

悪戦苦闘、何とか作業が終了しました。
d0105723_10160530.jpg
d0105723_10161635.jpg

終了後、倒された木の先端を見ると、多数の「葉っぱ」がついています。
d0105723_10162653.jpg
幹や枝は完全に枯れているのに、小枝の先にいっぱいついています。よく見ると掌状複葉で小葉が5枚あります。これは・・・

枯れ木のため見間違えましたが、てっきり「タカノツメ」だと思っていました。しかし、同じ「ウコギ科」の高級山菜「コシアブラ」でした。
d0105723_10163596.jpg
通常なら大小さまざまの大きさがあるのですが、みな同じくらいの大きさです。最後のひと花?を咲かせ、枯れ果てるのか?。それとも、倒木による迷惑をかけたうえ、伐採の手間をかけたお詫びか?
一年を通して森林保全活動に汗する、私たち。思わぬ「山からの贈り物」を、みんな喜んでお持ち帰りました。
どうも、ご馳走さまです。有難うございました。

本当に、植物の生命力のたくましさに驚かされると同時に、感心・感動しました。帰宅後、「コシアブラ」を前に、「乾杯~い!!」。一人で、大いに盛り上がりました。「森の恵み」に、感謝感激です。

メンバーの皆さん、暑い一日でしたが、お疲れさまでした。また、有難うございました。何時も、勝手を言って申し訳ありません。心より、感謝申し上げます。
(第589話 完)

by 渓


[PR]
# by honokuni1997 | 2018-04-22 10:13 | 森づくり支援

自然観察案内(森林教室) 現地説明会

4月20日(金)
豊川市の小学校野外教育活動が、今年も5月下旬から始まります。それを前に、現地において説明会と下見を行います。

午前中は、案内時のお願いや注意事項を先生方に伝えます。
d0105723_09214843.jpg

比較的雨天が多い説明会ですが、今年は晴天に恵まれました。その上、満開の桜が出迎えてくれました。
d0105723_09223718.jpg

今日は、先生方には5年生になった気持ちで2班に分かれ、通常コースを歩いていただきます。
d0105723_09221768.jpg
d0105723_09220037.jpg

少し汗ばみながらも、真剣に歩いていただきました。皆さん、お疲れさまでした。

今年の森林教室は5月31日の牛久保小学校から始まり、9月27日の小坂井東小学校までの長丁場となります。
体調を整え、子供たちの「想いで作り」のお手伝いをしたいと思います。
宜しくお願いします。
(第588話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2018-04-22 09:23 | 野外・訪問授業

企業の森活動日記 中部ガス・ガステックサービス㈱ サーラの森

4月19日(木)
肌寒い日が続いていましたが一転、初夏を思わせるような最高の日に恵まれました。

今日は、先週ササ刈を行った場所で「植樹」を行います。
毎年この時期に植樹を行っていますが、いつもと少し違うところがあります。それは・・・
例年、新入社員の研修の一環で、入社を記念しての植樹と、株主優待券を使っての植樹を同時に行っていました。しかし、今年は研修スケジュールの関係で新入社員の参加が無くなりました。そのため、優待券での植樹を株主さんに代わり、社員の皆さんが真剣にかつ丁寧に行います。

日差しがきつく汗ばむ天候の下、慣れぬ「クワ」を手に、ササの根が縦横無尽にはびこり難攻不落?の土壌に、果敢に挑みます。
d0105723_07333360.jpg
d0105723_07330376.jpg

「タンナサワフタギ」の若葉も、そんな皆さんを見つめているようです。
d0105723_07331650.jpg

徐々に作業にも慣れ、120本の植樹も無事終了しました。
d0105723_07334993.jpg
d0105723_07340178.jpg

美味しい昼食を頂いた後は、倒木による被害を逃れるため、ホダ木を移動します。
d0105723_07342482.jpg

その後、全員で「サーラの森」の美味しい空気を楽しみながら、森を散策しました。
d0105723_07344481.jpg

皆さん、お疲れさまでした。皆さんが愛情をこめ植えた「新しい仲間たち」は、きっと元気に育ってくれることでしょう。
また、時間を見つけて会いに来てやってください。有難うございました。

さて、明後日21日(土)、ここ「サーラの森」で何か?を行います。その「何?」、番外編としてこのブログでお伝えします。
乞う、ご期待?
(第587話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2018-04-20 07:30 | 森づくり支援

企業の森活動日記 中部ガス・ガステックサービス㈱ サーラの森

4月12日(木)
サーラの森にも、遅い春がやってきました。

森では、艶やかなミツバツツジが目を引きます。
d0105723_08344821.jpg
d0105723_08350024.jpg

こちらも、花と葉のコンロラストがマッチングして、思わず見入ってしまいます。
ヤマザクラ
d0105723_08341457.jpg

今日の作業は、重要な使命を帯びています。それは・・・
次回、来週19日に植樹を予定しています。しかし、その予定地はササが「伸び放題」。年に何回かは刈るのですが、「敵(ササ)」の勢力は待ったなし。縦横無尽に勢力を拡大する連中との戦いは、「サーラの森」の恒例行事です。

そのササの陰には、以前植樹した大事な「仲間たち」がひっそりと佇んでいますいます。刈払い機で誤って刈られないように、しっかりマーキングを施します。
d0105723_08342543.jpg

その後は、メンバーが一心不乱に刈払い機を操作し、「敵」を排除します。
d0105723_08361234.jpg
d0105723_08351198.jpg

と同時に、毎年恒例の「ハチトラップ」を設置しました。
d0105723_08352935.jpg

今日の、仲間たち。
ウスギヨウラク
d0105723_08355145.jpg

ホオノキ
d0105723_08354026.jpg

タラノキ
d0105723_08343611.jpg
依然と比べ大分大きくなりました。

次回は、ヤマザクラやコナラ等6種、120本の植樹を予定しています。ササの根がはびこり、簡単に植樹できる場所ではありません。少し力仕事になりますが、参加予定の皆さん宜しくお願いします。
(第586話 完)

by 渓



[PR]
# by honokuni1997 | 2018-04-13 08:41 | 森づくり支援

みんなの森活動日記

4月4日(水)
寒く長い冬を終えた「みんなの森」は、散策道のあちこちに損傷個所が目立ちます。その損傷個所を地図に落とし込み、作業順序の目安にします。

落ち葉が積み重なり、「散策道、どこ?」状態です。
d0105723_08132850.jpg

数キロはある散策道、みんなで手分けして「綺麗にします」。
d0105723_08133959.jpg
と、同時に部材も制作します。
d0105723_08144106.jpg

休憩場所にホースで水を引いていますが、その水源地が大変なことになっています。
d0105723_08150537.jpg
土石流?により、完全に崩壊しています。「何時ものこと」、めげずに「直します」。

今日の、「仲間たち」。
アブラチャン
d0105723_08135713.jpg

シキミ
d0105723_08140780.jpg

アセビ
d0105723_08141941.jpg

先日、可愛らしい顔を出したばかりの「バイケイソウ」。
d0105723_08145221.jpg
何と、早くも奴らの「食害」に・・・、シカたちとの戦い?が、今年も始まります。

今日の、定点。
d0105723_08143189.jpg
アブラチャンやクロモジの花の黄色が目立つようになりました。

損傷個所のチェックが終わり、その多さに少し「うんざり」。でも、頑張ってやります。
皆さん、宜しくお願いします。
(第585話 完)

by 渓


[PR]
# by honokuni1997 | 2018-04-05 08:20 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

4月1日(月)
厚く張った氷も融け、段戸湖にも春がやってきました。
d0105723_09110852.jpg
湖畔が緑にあふれる日も、すぐそこまで来ています。

先日の下見の際、林道等の損傷個所をチェックしました。
d0105723_09115199.jpg

雨や雪解け水によりかなり痛んだ所ができましたので、「もちろん、直します」。
d0105723_09120366.jpg

周りの原生林を眺めると、少し痛ましい状況が目に飛び込んできます。林床には一面スズタケが生い茂り見通しを妨げていましたが、昨年の「スズタケの花」の開花後、見事に枯れてしまいました。そのため、今まで見えなかったところまで、見えるようになりました。
d0105723_09113523.jpg

下見の際、「みんなの森の仲間たち」は一様に、「蕾固し」状態でした。しかし、今日確認すると・・・

エゴノキ
d0105723_09123119.jpg

バッコヤナギ
d0105723_09121993.jpg

クロモジ
d0105723_09112115.jpg
みんな元気よく、顔を出しました。

今年度も、「仲間たち」の発達状況をお伝えしたいと思います。
皆さん、宜しくお願いします。
(第584話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2018-04-02 09:18 | 穂の国みんなの森(段戸)

プリティフォレストクラブ活動日記

3月28日(水)
冬の活動を慰労するかのように、素晴らしい青空と満開の桜が迎えてくれました。
d0105723_08490223.jpg

満開のソメイヨシノと、ちらほらと咲き始めたシダレザクラのコントラストが絶妙です。
d0105723_08495615.jpg

29年度プリフォレ活動も、今日が最終日。雑木の処理や、フィールドに残る伐採木を綺麗に整理します。
d0105723_08501461.jpg
d0105723_08502424.jpg

間伐の終わったフィールドを眺めるのは、達成感と満足感で満たされます。
d0105723_08504197.jpg
それもそのはず、今回のフィールドには悩まされました。急峻なうえ足場も悪く、まさに「難攻不落の城」。何回も滑り落ちたし、「寒さ」との戦いでもありました。しかし、メンバーの力を一つとし作業を終了することが出来ました。

作業完了後のメンバーは、みんな「良い顔」をしています。
d0105723_08505191.jpg
(写真に写っていないメンバーの皆さん、御免なさい)

メンバーの皆さん、寒い中での活動、大変お疲れさまでした。また、有難うございました。皆様のお陰で今期も例年同様、怪我をする人もなく無事終了することが出来ました。来期も、宜しくお願いします。
また、4月1日(日)からは「みんなの森」での活動が始まります。お手数をお掛けしますが、こちらの方も引き続き宜しくお願いします。

さあ、明日はメンバーと今期の活動を振り返りながらの、「楽しい慰労会」。みんなで「ワイワイガヤガヤ」と、楽しみましょう。
(第583話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2018-03-29 08:54 | プリティフォレストクラブ

みんなの森活動日記

3月27日(火)
ついこの間、「しばしのお別れ」をしたと思ったのに・・・
1月は「行く」、2月は「逃げる」、そして3月は「去る」。あっという間に、新たなるシーズンの到来です。

恒例、「みんなの森」山開きを前に、下見を行います。昨年の下見とは打って変わり、穏やかな日に恵まれました。

先日、「サーラの森」の下見を行いましたが、「みんなの森」の方が150mほど標高が高く一段と芽吹きが遅れています。
d0105723_16514377.jpg
d0105723_16504999.jpg
d0105723_16513206.jpg

そんな中
バイケイソウ
d0105723_16510312.jpg

トリカブト
d0105723_16511558.jpg
元気よく、顔を出しました。

今日の、定点。
d0105723_16503068.jpg
今年も様々な表情で、迎えてくれることでしょう。

皆伐を、行っています。
d0105723_16495251.jpg

県道365号 段戸裏谷・三都橋線。五号橋から弁天谷方面、弁財天の祠手前で皆伐の真っ最中。進行方向左側はまさに、別世界。
d0105723_16501784.jpg
d0105723_16500605.jpg
薄暗かった林道には、元気よく陽が差しています。

材を搬出するトラックが走っていますので、ご用心ください。
今日も、延々とバックを余儀なくされました。
(第582話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2018-03-27 16:59 | 穂の国みんなの森(段戸)

企業の森活動日記 中部ガス・ガステックサービス㈱ サーラの森

3月22日(木)
昨夜は低気圧の移動に伴い、まさに「春の嵐」。風は朝までには収まりましたが、雨は降っています。

強風の後、あまり車の通らない林道を朝一番に走ると・・・、大変なことに遭遇します。今日も、チェンソー持参で臨みます。

数か所の風倒木を処理し、やっと「サーラの森」に到着(作業前に、「疲れた~」)。雨は上がっていますが、気温は2度「寒~い」。

そんな中、シイタケの菌打ちを行います。多くの人はシイタケの菌を打ったところから、打った数だけ出ると思っているようですが、「違います」。シイタケの菌は上下に15㎝、横に5㎝増殖し、どこからでも出ます。そのため、必要以上に打つ必要もありません。90㎝の材に平均15個の菌を打ち「ホダ木」を作ります。

駒菌打ち専用のビットを装着したドリルで穴をあけ、打ち忘れのないように確実に打ち込みます。
d0105723_08383622.jpg
d0105723_08385768.jpg
d0105723_08384628.jpg

途中雨が降り出し一時中断をはさみ、予定の40数本のホダ木が出来上がりました。
d0105723_08391063.jpg
収穫はふた夏越した秋、来年の秋には立派な「シイタケ」との出会いが待っています。

気温2度の森は、まだ「春遠し」状態です。
d0105723_08395358.jpg

ミツバツツジ
d0105723_08392268.jpg

タラの芽
d0105723_08393231.jpg

そんな中、頑張っている仲間もいます。
タムシバ
d0105723_08394224.jpg

開花間近です。

気まぐれな天候に翻弄される一日でした。でも、予定していた作業は全てできました。
皆さん、お疲れさまでした。次回も宜しくお願いします。
(第581話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2018-03-23 08:46 | 森づくり支援

プリティフォレストクラブ活動日記

3月14日(木)
昨年12月から始まった、冬のプリフォレ活動。終了に向けてのカウントダウンが始まりました。

薄暗く見通しが利かなかった森も、明るい日差しの入る綺麗な森へと変身しました。
d0105723_08555544.jpg

安全を心掛けながらの作業にも、おのずとピッチが上がります。
d0105723_08563457.jpg
d0105723_08570339.jpg
d0105723_08571565.jpg

相変わらず元気な、当会の長老M田さん、御年85歳です。
d0105723_08560907.jpg
年季の入った「手ノコ技」、伐倒方向も適格に見極め、確実に倒します。

作業を始めるくらいから気温も上がり、汗びっしょりです。昼食時、いつもなら「陽」を求めるのですが、今日は「木陰」を求めました。
気温の上昇とともに、冬の作業終了を感じさせます。
皆さん、28日が最終日です。宜しくお願いします。
(第580話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2018-03-15 09:02 | プリティフォレストクラブ