自然観察案内(森林教室)豊川市立小坂井西小学校

9月6日(木) 
「3度目の正直?」です。

8月初旬の台風13号に続き、先の21号の影響により2度の延期になりました。台風一過、晴れ渡った空のもと「さあ、出発」という時に飛び込んできた情報は、現地付近は「倒木により、通行不可能」。その頃、現地にいた私は倒木現場に向かいましたが一部処理は完了しており、電柱に掛かった倒木の処理を待つ状態でした。その後すべての処理を確認、大幅に遅れながらも12時30分に学校を出発したそうです。

そんな子供たちを迎えてくれたのが、見たことのないような「満天の星空」。今までの「苦労?」をすべて吹っ飛ばしてくれるような、みんな大感動の一夜だったようです。

今日案内する学校は、小坂井西小学校(児童97名)、「学校68個分」です。
校長先生をはじめ先生方は、やっと行うことのできる野外学習に「ほっと一息」のようです。この状況を間近に感じた私たちは、いつも以上に「使命感」がわきます。

台風一過の森では、通常とは違う風景が広がります。と同時に、思わぬ「副産物?」も多く目にします。
「きららの森」の巨木の先にひっそりと咲き、普段目に触れることのない「花」。高い位置で形もよく分からない「葉」。ちょうど花を咲かせている、ハリギリ・コシアブラ・タカノツメ等々、こんな連中が強風により折れ散策道に散乱しています。(写真は、コシアブラの花です)
d0105723_09154091.jpg
今までにない最高の教材を使い、子供たちに分かり易く説明しました。

午後からの案内時、全員が集合すると先生が、パンパンパンと三つ手をたたきました。それに呼応するように子供たちからも、パンパンパン。それを見ていたおじさんは注意事項等を説明する前に、思わず真似をし、パンパンパン。子供たちからも、パンパンパン。反応の良さに、「大感激」です。気を良くした「おじさん」、いつものように張り切って案内します。
d0105723_09155390.jpg

昨日歩いた際はなかったのですが、一夜?のうちに倒れたようです(見た目以上に大きく、20m越えです)。
d0105723_09160624.jpg
まさに「根こそぎ」状態で倒れていました。

子供たちにとって待ちに待った「森林教室」だったようです。みんな素直に元気よく、歩きました。
皆さん、お疲れ様でした。いい思い出を沢山作って、帰ってくださいね。
(第630話 完)

by 渓


[PR]
# by honokuni1997 | 2018-09-07 09:14 | 野外・訪問授業

みんなの森活動日記(番外編)

9月5日(水)
各地に甚大な被害をもたらした、「台風21号」。東三河山間部も、大荒れだったようです。

今日は「みんなの森」の活動日ですが、道路の崩壊や倒木・落石等が心配なため中止にしました。
しかし、明日「森林教室」が入っていますので、道路状況等を確認するため現地に向かいます。

林道に入るや否や、道には枝葉が散乱しています。それにも増して、水量の多さには「危険」を感じます。普段は50㎝くらいの川幅が、数メートルにもなっています。
d0105723_17031732.jpg
一部、川状態の林道もあります。

しばらく走ると、道横に大きな落石が・・・、
d0105723_17032916.jpg
何とか通ることが出来ましたが、倒木等も除去しながら進みます。

子供たちに、安全かつ安心して歩いてもらうため「きららの森」の案内ルートを歩くと、所々に倒木や太い枝が折れ散乱しています。
d0105723_17034112.jpg
d0105723_17035583.jpg
沢は枝葉が折り重なり通常ではない水の流れとなり、散策道は「沢」状態です。

これらを除去・整備し、明日は子供たちと安全に楽しく歩ける「森林教室ルート」にしました。

こちらも、大変です。
きららの里」の管理棟。この角度からは見えませんが、中央の大屋根の反対側はトタンが全て「吹っ飛んでしまいました」。
d0105723_17040496.jpg

意を決し、下見をして大正解でした。子供たちの安全・安心を考えた場合、「念には念を」は当たり前。
明日も張り切って、「案内します」。
(第629話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2018-09-05 17:06 | 穂の国みんなの森(段戸)

自然観察案内(森林教室) 豊川市立天王小学校

8月30日(木)
子供たちが待ち焦がれていた、設楽町「きららの里」での野外活動。その中でも、初日に行われることが多いキャンプファイヤーは、子供たちの人気の的です。昨夜、高く伸びたファイヤーの炎が終わりを迎える頃、ふと空を見上げると・・・。何と、今までに見た事の無いような「満天の星空」が広がり、全員大感動だったようです。

「4年生の時に見たプラネタリウムの星空より、何百倍も綺麗だった」。一夜明けても興奮が止まない子供たち。その子供たちに、さらなる感動を味わってもらいます。

今日案内する学校は、天王小学校(児童41名)、「学校69個分」です。
朝一、校長先生が挨拶に見えました。先生方も張り切っています。今日も張り切って、案内します。
d0105723_09583042.jpg
d0105723_09575091.jpg
d0105723_09581137.jpg
d0105723_09583938.jpg

大きな伐り株の上に、何か散らばっています。よく見ると、モミの実(モミボックリ)が見事に食い散らかされています。リスが実の中のタネを食べた、「リスの食卓」です。
d0105723_09585482.jpg

先日の長沢小学校の案内時より少し蒸し暑く感じましたが、時折吹き抜ける風が心地よく、午前・午後、気持ちよく歩くことが出来ました。
皆さん、お疲れさまでした。さらなる感動を味わって帰ってくださいね。
(第628話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2018-08-31 10:10 | 野外・訪問授業

自然観察案内(森林教室) 豊川市立長沢小学校

8月28日(火)
先週は、台風20号の動向に振り回されました。その結果、森林教室を延期する学校もありました。
そして、一転と言うわけにはいきませんが、まずまずの天候です。

今日案内する学校は、長沢小学校(児童29名)、「学校99個分」です。
児童数も少なく、午前・午後、一人で案内を務めます。

恒例、先生方との打ち合わせ後、子供たちに森での注意事項等を伝えます。
d0105723_19121788.jpg

その後、元気よく歩きます。
d0105723_19123095.jpg
d0105723_19124220.jpg

昼食後、校長先生から、子供たちが「学校99個分も歩いたので、疲れた。5~6㎞は歩いた?」と言っているが、実際のところはどのくらいの距離を歩いたのですか?と尋ねられました。子供たちには山のアップ・ダウンが応えたかも知れませんが、実際に歩いた距離は「2㎞」。それを伝えると、「えっ、そんなもんですか。その距離なら疲れたとは言っておれませんね」との事でした。
通常、子供たちの体力を考え、ポイント・ポイントでの説明に時間を取るようにしているのですが、さらに慎重に行うようにしたいと思います。

そんなことを意識しながら、午後からも元気よく歩きました。
d0105723_19130494.jpg

午後の案内終了直前に弱い雨が降り出しましたが、ほとんど濡れることなく「きららの里」に帰ることが出来ました。
良い子供たちの、心がけの良さか?皆さん、お疲れさまでした。良い思い出をたくさん作って、帰ってくださいね。
(第627話 完)

by 渓


[PR]
# by honokuni1997 | 2018-08-28 19:05 | 野外・訪問授業

企業の森活動日記 中部ガス・ガステックサービス㈱ サーラの森

8月21日(火)
ここ「サーラの森」では、何をおいても「安全第一」をモットーに活動を進めています。しかし、その安全の一角を脅かす、「奴ら?」の存在が気がかりです。
つい先日、場所は違いますが「私」がその被害にあい、大変な思いをしました。その「奴ら」とは、「スズメバチ」等の軍団です。

「サーラの森」では、その被害にあわないように「ハチトラップ」を仕掛け駆除に努めています。今年度も4月に設置しました
しかし敵もさるもの、その駆除から逃れた連中を目にするようになりました。「転ばぬ先の杖」とばかりに、「奴ら」がさらに狂暴になる時期を前に、「トラップ」を仕掛けます。
d0105723_20530433.jpg

その後、以前撤去した「獣害防止ネット」を再利用し、こちらも難敵の「シカ・カモシカ・イノシシ等」の「悪さ」を防止するためネットを2重に張り巡らします。
d0105723_20532536.jpg
d0105723_20533655.jpg
d0105723_06370837.jpg
しかし、簡単に思っていましたが実際に行ってみると、再利用の難しさ・複雑さを思い知らされながらの作業となりました。

作業の手を休め、ふと上を見ると・・・、「線香花火」のような「コシアブラの花」が、そっと「微笑んでいました」。
d0105723_20534825.jpg

おまけ
実は、「サーラの森」での活動の前に、もう一つ別のことをしてきました。その後、メンバーと合流となったわけですが・・・

それは、豊川市の小学校森林教室です。本来なら森林教室のメンバーにお願いしてあるのですが、台風19号の動向次第で影響を受ける可能性があります。強雨で歩けない場合、室内で雨天バージョンを行うことになります。その場合、パソコン等を使った授業になるのですが、その内容等を知るのは「私のみ」(やらなければ・・・)。

しかし、それも取り越し苦労に終わりました。心配した雨も降ることなく、先生方との打ち合わせ後、元気よく出発しました。
d0105723_20540094.jpg
d0105723_20541000.jpg

「きららの森」から「サーラの森」への距離は、20数キロ。峠越えの難コース?ですが、何とか集合時間までには着くことが出来ました。
何ともはや、せわしない一日でした。(あ~、疲れた)
(第626話 完)

by 渓



[PR]
# by honokuni1997 | 2018-08-21 20:49 | 森づくり支援

企業の森活動日記 中部ガス・ガステックサービス㈱ サーラの森

8月17日(金)
サーラの森 番外編
早朝8時、清々しい空気が漂う「サーラの森」。心地よく、作業が捗りそうです。

ここ、設楽町大野山にある「サーラの森」は、林道を挟み5haあります。通常、林道の上を「道上(みちうえ)」、下を「道下(みちした)」と呼んでいます。

今期は「道上」の整備を重点的に行っているため、「道下」での作業が遅れています。それに加え、通常月2回行っている活動ですが、8月は1回のみです。ますます作業が遅れてしまうと、単独での活動を行うことにしました。

林床にはササが繁茂し、散策道も埋もれてしまっています。
d0105723_09414670.jpg
時間はたっぷりあります。と同時に、焼けつくような日差しもありません。まさに、作業日和。「頑張ります」。

午後3時、作業終了。見違えるようなフィールドが広がりました。
d0105723_09420053.jpg
d0105723_09421250.jpg

皆さん、次回活動日は8月21日(火)です。残暑厳しき下界ですが、「サーラの森」は気持ち良い空間が広がります。
多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げます。
(第625話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2018-08-18 09:36 | 森づくり支援

みんなの森活動日記

8月11日(土)
今日は、「山の日」。ここ、設楽町段戸裏谷の「きららの森」も、多くの人で賑わっています。
そんな森を吹く風に、「秋の気配」を感じます。

風雨や寒暖にも耐え森にたたずむ、住所を示す「標識」。
d0105723_09242754.jpg
経年劣化等によって痛むたびに「しっかりした材」で作り直すのですが・・・

数年で、見るも無残な姿になってしまいます。
d0105723_09243896.jpg

今回は作り直す数も多く、集材や加工に「汗しています」。
d0105723_09250467.jpg
d0105723_09245330.jpg

まだまだ、設置までには時間がかかりそうです。
皆さん、宜しくお願いします。
(第624話 完)

by 渓


[PR]
# by honokuni1997 | 2018-08-12 09:28 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

8月8日(水)
台風13号の進路が大きくそれ、当地への影響はなくなりました。

それを象徴するかのような、素晴らしい青空が迎えてくれました。
d0105723_09154112.jpg

先日終わった、今年度の生育調査。その際、各パッチに設置してある番地を示す標識の経年劣化がかなりありました。

「みんなの森」は100㎡ずつの小区画(パッチ)に分け、森全体では263のパッチがあります。その全パッチに標識を立て、森の住所ともいえる番号をつけています。標識に不備があればその都度修復していますが、今回全パッチを歩きその実態を調査しました。その結果、約4割(100か所以上)の標識の経年劣化が判明、立て直すことにしました。

思うは簡単ですが、立て直すには材料が必要。先ずは、材料確保及び材の加工を行います。

その材の確保ですが、森に入り間伐の際の残材を探すところから始まります。これが、また大変な作業です。近場、出しやすい場所はすでに使用済みです。そのため、遠く足場の悪いところから調達し、「息も絶え絶え」で「運びます」。
d0105723_09155252.jpg

運んだ材はパッチ番号を記入しやすいように、また打ち込み易いように加工します。
d0105723_09160356.jpg

その後、遠くからでも目立つように黄色のペンキを塗って仕上げます。
d0105723_09161529.jpg

1日(水)の活動と2日がかりの作業ですが、まだまだ「道半ば」。半分くらいしかできていません。暑い中での作業(とはいっても、下界と比べれば雲泥の差)となりますが、皆さん宜しくお願いします。
(第623話 完)

by 渓



[PR]
# by honokuni1997 | 2018-08-09 09:13 | 穂の国みんなの森(段戸)

自然観察案内(森林教室) 豊川市立代田小学校

8月2日(木)
今日も、暑い一日になりそうです。

「きららの里」到着時、気温21度。下界と比べれば別天地ですが、陽の差すところは、やはり「暑~い」。
朝の打合せ前、子供たちの体調を気遣った校長先生が相談に見えました。そして、熱中症予防のため適度な休憩と、こまめな水分補給に努めることをお伝えしました。

今日案内する学校は、代田小学校(児童80名)、「学校59個分」です。

集合時、そんな先生方の心配は何処へやら。子供たちは元気いっぱい、歩く気十分。今日も張り切って歩きます。
d0105723_08114723.jpg
d0105723_08120410.jpg

森の中は、まさに別天地。心地よい風が吹き、森林教室にはもってこいの学習日和です。
d0105723_08133108.jpg
d0105723_08134806.jpg

みんな最後まで、元気よく歩きました。
d0105723_08140202.jpg

おまけ
ついこの前まで「かぐら鈴」のような花が咲いていたと思ったのに、もう大きな実がなっています。
トチの実です。
d0105723_08131921.jpg

森という大きな日傘と、時折吹き抜ける風はまさに「別天地」。この心地よさは、この地を訪れて始めて感じることができます。
皆さんも、是非「きららの森」に足をお運びください。
(第622話 完)
by 渓


[PR]
# by honokuni1997 | 2018-08-03 08:18 | 野外・訪問授業

自然観察案内(森林教室) 豊川市立御津北部小学校

7月31日(火)
豊橋の沖合を通過した、台風12号。各地に多くの被害をもたらしましたが、久々に「怖さ」を感じた台風でもあります。風雨、特に強い風の音に「恐怖を感じました」。
そんな台風も、ここ「きららの森」では雨もさほど降らず、風もあまり吹かなかったそうです。が・・・、

今日案内する学校は、御津北部小学校(児童32名)、「学校90個分」です。

校長先生を始めとして先生方は、「やる気十分」。おのずと、こちらの力も入ります。
今日も、張り切って案内を務めます。
d0105723_19162418.jpg
d0105723_19163869.jpg

森に入ると、大きなあの葉っぱ(ホオ葉)が至る所に落ちています。と同時に、様々な枝葉も散乱してもます。一部、森の中を強風が通り抜けたようです。しばらく歩くと、前方に大きな木が折り重なるように倒れています。このような緊急の状況を想定し、いつも持参している「ノコギリ」を使い何とか歩けるようにしました。
d0105723_19165247.jpg

強風により、幹の途中から折れていました。
d0105723_19170377.jpg

そんなアクシデントも、何のその。子供たちは最後まで、元気よく歩きました。

今日も良い先生方、そして良い子供たちと出会いました。
皆さん、良い思い出をたくさん作って帰ってくださいね。
(第621話 完)

by 渓



[PR]
# by honokuni1997 | 2018-07-31 19:11 | 野外・訪問授業