<   2019年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

プリティフォレストクラブ活動日記

2月27日(水)
「は~くしょん」の連発が、林内に響き渡ります。

今、間伐を行っているフィールドはスギとヒノキの混合林ですが、現在地の周りは圧倒的にスギの木です。

「花粉症」が市民権?を得てからかなりの年月が経ちますが、私が発症したのは50年以上前。その時代、「花粉症」と言うようなしゃれた言葉もなく、周りにも同じような症状を訴える人はほとんどいませんでした。毎年、この時期になると風邪でもないのにくしゃみや鼻水が出る「変わった奴」でした。経年により症状は幾分緩和されましたが、今でも苦しんでいるのには変わりありません。
テレビでは、連日「花粉状況」を発表していますが、そんなことは「無視」して山通いが続いています。

スギの伐倒時、倒れる前には樹冠付近は白く煙り、倒すと同時に周りは大量の煙のようになり舞い上がります。
d0105723_10115197.jpg
と同時に、「は~くしょん」。

花粉による「いじめ」は、スギ伐倒時だけではありません。スギの下に繁茂する雑木や、林床にも大量に降り積もっています。伐り倒すと同時に、こちらも「は~くしょん」。
d0105723_10120419.jpg
d0105723_10121514.jpg

画像では良く見えませんが、先の霧ではなく花粉に「霞んでいます」。
d0105723_10124407.jpg

その花粉の凄まじさは、こんなところにも。伐採途中、置いたチェンソーのハンドル部分は、あっという間に「花粉」で白くなりました。(実際は、黄色っぽい)
d0105723_10130171.jpg

陽だまりでの昼食時、その上には「たわわになった雄花」が。「花粉パウダーのふりかけ」です。
凍えるような寒さが過ぎたと思ったら、今度は「花粉の洗礼」。
皆さん、めげずに?頑張りましょう。
次回も、宜しくお願いします。
(第671話 完)

by 渓



by honokuni1997 | 2019-02-28 10:13 | プリティフォレストクラブ

はじめての森づくり体験講座

2月23日(土)
新城市にある「愛知県民の森」で、3回目となる「はじめての森づくり体験講座」を行います。

風もなく穏やかな日に恵まれました。今日の活動は昨年に引き続き、県民の森ピクニックサークルの川沿いを綺麗にします。

前2回の作業で、散策道からの見通しが良くなりました。今日は、残りの場所を一気に片づけます。
d0105723_08410036.jpg

満員電車状態のフィールドは、我も我もと「光」を求め、上へ上へ。その結果、みんな「ヒョロヒョロ」です。残す木にはマーキング(ピンクテープ)をしてあります。それ以外を、一挙に除伐します。
d0105723_08411518.jpg
d0105723_08412648.jpg

作業を進めるにつれ気温も上がり、汗を流しながらの作業は続きます。
d0105723_08414305.jpg

その結果、見違えるようになりました。
d0105723_08415956.jpg

皆さん、お疲れさまでした。今日の除伐により、残された木々達は立派に育ってくれることと思います。
有難うございました。
(第670話 完)

by 渓

by honokuni1997 | 2019-02-24 08:47 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

2月20日(水)
時折強く降り続いた雨も夜半には上がり、清々しい朝を迎えました。

しかし、雨を含んだフィールドは滑りやすく、危険がいっぱい。さらに慎重に、作業を進めます。
d0105723_09090774.jpg
d0105723_09093026.jpg

現在進めているフィールドを、仕上がったフィールから眺めると、その進捗状況が良く分かります。
d0105723_09094784.jpg
「いつの間にか、あんな上のほにまで行ったんだ」。(自分で自分を、褒めたたえます?)

林床の雑木除伐の、ビフォー・アフター(左右)。
d0105723_09100540.jpg

フィールドの急峻な地形は、ますます「きつくなってきました」。
d0105723_09101860.jpg
まだまだ、「こんきい」作業は続きます。

暖かさを通り越し、「暑い」活動日になりました。そんな中、時折吹く風が「心地良~い」。この時期、ありえないような一日でした。
皆さん、お疲れさまでした。
次回も、宜しくお願いします。
(第669話 完)

by 渓

by honokuni1997 | 2019-02-21 09:12 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

2月13日(水)
作業が進むにつれ、フィールドは上へ上へ。
d0105723_09233860.jpg
急峻な地形のため致仕方ないことですが、丸腰でも大変なのにチェンソー等重装備での「山登り?」。現場到着時には、「あ~疲れた」。

こんな急峻な場所にも、獣道(けものみち)をうまく利用した作業道がある場合が。少し遠回りになる場合でも、こちらを使ったほうが「楽」です。
d0105723_09240181.jpg

安全に作業を進めるためにも、下準備は欠かせません。下層木の除伐を行い見通しが効くようになってから、本命の伐採木を伐倒します。
d0105723_09241819.jpg
d0105723_09243008.jpg

作業途中から陽が差し出し、それにつれ気温も上昇。今日も、「良い汗」流しました。
皆さん、お疲れ様でした。次回も、宜しくお願いします。
(第668話 完)

by 渓




by honokuni1997 | 2019-02-14 09:27 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

2月10日(日)
前回の雨から一転、快晴の活動日に恵まれました。
d0105723_08502521.jpg
しかし、極寒には変わりはありません。今日も安全を心掛け、一生懸命行います。

伐採が進み、森の様相も一変してきました。林床にも陽が届き、気持ちよく作業も進みます。
d0105723_08505037.jpg
d0105723_08510344.jpg
d0105723_08511334.jpg

でも・・・、樹冠近くでツルがからみ、手こずることも度々あります
d0105723_08513023.jpg

極寒の中でも作業を始めれば、汗が滴り落ちます。
今日も予定していた作業は、無事終了。
皆さん、お疲れさまでした。次回も宜しくお願いします。
(第667話 完)

by 渓

by honokuni1997 | 2019-02-11 08:53 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

2月6日(水)
昨日の予報では雨模様でしたが、朝一確認すると曇りに変わっています。

しかし、車に乗り込みしばらく走ると、フロントガラスに「ポツリ、ポツリ」。さて・・・

自宅からフィールド迄の距離は、およそ40㎞。到着時、この天候にも関わらず、今日参加のメンバーは全員集合しています。(皆さんのまじめさには、いつも頭が下がります)
小雨ながらも降り続き、上がる気配はありません。しかし、作業を中止するほどではありません。メンバーの皆さんとの話し合いの末、林床の雑木の整理をします。

雨合羽を着込み、現場に向かいます。
d0105723_09205299.jpg

すでに伐採してあるものや立木を、濡れて滑りやすい足元に注意しながら作業を進めます。
d0105723_09210428.jpg
d0105723_09211651.jpg

しばらくすると、「霧」が立ち込めて来ました。
d0105723_09212931.jpg

雨は降り続きましたが気温は思ったほど下がらず、足場が悪いにもかかわらず作業は順調に進みました。
皆さん、悪天候の中、お疲れさまでした。
次回も、宜しくお願いします。
(第666話 完)

by 渓


by honokuni1997 | 2019-02-07 09:23 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

2月2日(土)
相変わらず寒い日が続いていますが、昨年と比べれば暖かな気もします。それは・・・
昨年の同時期は、沢の飛沫が凍り付いたり雪が積もったりしました。しかし、今年はいずれも「ゼロ状態」です。

私の普段の行いの良さ?が幸いしているのか、前日は「ど寒く、強風」と言う日が多い中、活動日は風もなく穏やかな日が続きます。
今日も風もなく穏やかな、まさに「間伐日和」。安全を心掛け、作業を行います。

立派に育った木々たちですが、よく見ると曲がっていたり、梢(木の幹や枝の先端)が欠損していたりと、このまま成長しても材として流通しがたいものがあります。「もったいない」のは重々承知していますが、隣の木の成長に期待を込め伐採します。
d0105723_09455160.jpg
d0105723_09460490.jpg

伐った木は、枝を払い玉伐りしたうえで綺麗に整理整頓し、一つの作業は終了します。
d0105723_09461573.jpg

今日も寒い中、「良い汗」を流しました。皆さん、お疲れさまでした。
次回(2月6日・水)も、宜しくお願いします。
(第665話 完)

by 渓

by honokuni1997 | 2019-02-03 09:44 | プリティフォレストクラブ