人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

プリティフォレストクラブ活動日記

1月27日(日)
凍えるような寒さの中、豊川市平尾町の「ウッドパーク平尾」において植樹を行います。

広く参加者を募り、それに応募された皆さんと一緒に植樹をしながら自然と触れ合います。
ここ平尾もシカやイノシシが頻繁に現れるため、獣害防止ネットを張り巡らした中で行います。

コナラやヤマザクラ等、100数十本をおよそ30名の皆さんが、丁寧に愛情をこめ植えます。
d0105723_13385645.jpg

およそ1時間くらいで、作業は終了。昼食後は、プチ自然観察会を行いました。
d0105723_13390845.jpg

皆さん、お疲れ様でした。植樹は里山づくりの、ほんの始まり。今後は、地味な下刈り作業が待ち構えています。
これからも、宜しくお願いします。本日は、有難うございました。
(第664話 完)

by 渓

by honokuni1997 | 2019-01-28 13:40 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

1月26日(土)
到着時、気温は氷点下。厳しい寒さの中、今日も安全を心掛け作業を行います。

伐採作業が進むにつれ、現場はどんどん遠くなります。(どうしても近場から作業を進めてしまいますので・・・)
「こんきい」のは、みんな一緒。元気よく、歩きます。
d0105723_16595708.jpg
d0105723_17001062.jpg

ここのフィールドの木は成長が良く、樹高も平均で20m超えです。
d0105723_17002185.jpg

樹高が高ければ高いほど、危険度も上がります。さらなる安全を心掛け、伐採活動は続きます。
d0105723_17004398.jpg

昼食は山を下り駐車場近くの陽だまりで、みんなと和気あいあいに美味しく頂きます。陽当たりの良い分、「天敵(スギの雄花)」の彼らも膨らみだしました。
d0105723_17005453.jpg
まだ、私の高感度センサーは感知しませんが、そのうちに「は~くしょん」。憂鬱な日々が、すぐそこまで来ています。

作業終了後、白い物が舞いだしました。本格的な寒さは、これからが「本番」。体に気をつけて、作業を進めたいと思います。
皆さん、宜しくお願いします。
(第663話 完)

by 渓

by honokuni1997 | 2019-01-26 16:59 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

1月16日(水)
重いチェンソーと伐採道具一式を背負っての、「山登り?」。いや、伐採活動。思う以上に、大変な活動です。
d0105723_09540737.jpg

大径木に挑戦するのも、下層木をこまめに伐採するのも、「真剣かつ慎重」はみな同じ。
d0105723_09542153.jpg
d0105723_09543412.jpg
d0105723_09544871.jpg
今日も一日、「無事」終了しました。

比較的温かな日に恵まれ、作業も順調に進みました。
皆さん、お疲れさまでした。次回も、宜しくお願いします。
(第662話 完)

by 渓

by honokuni1997 | 2019-01-17 09:56 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

1月13日(日)
寒さ厳しき折、その寒さに気を取られることなく、伐採活動は順調に進んでいます。
d0105723_09520566.jpg

ここ、新城市出沢地区は水量が豊富で、かつてはそれを利用して小水力発電が行われていたそうです。勿論、その豊富な水を利用した水田跡も目にすることが出来ます。

先人の苦労を偲ばせる、無数の石を積み上げた「棚田」。
d0105723_09521877.jpg
その棚田もやがて耕作を止め、その後は茶畑に。そして、その茶畑も役目を終え、その後に植林をが行われました。棚田跡の林床を見ると、かつて茶畑だったころを思い起こさせるように「茶の木」が育っています。

茶の木を含む、雑木に覆われた「田んぼ跡」も綺麗にします。
d0105723_09523182.jpg

前回の活動に比べると、幾分か体が軽くなったように思います。この勢いで安全を心掛けダイエット?、いや作業を進めたいと思います。
皆さん、宜しくお願いします。
(第661話 完)

by 渓

by honokuni1997 | 2019-01-14 09:51 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

1月9日(水)
新年1回目の、PF活動。今季一番の寒波に恵まれ?ました。(本当に、寒~い)

正月休みを終えた体は暴飲暴食の恩恵?を受け、マジに「重い」を実感します。そんな体にムチ打ちながら、急峻な山道を息も絶え絶えながら必死にフィールドを目指します。

フィールド到着時には、「あら、不思議」。あんなに寒かったのに体ポカポカ、汗ポタポタ。木漏れ日がみんなを迎えてくれました。
d0105723_09593123.jpg

今年も「安全第一」で、真剣かつ慎重に作業を進めます。
d0105723_09595958.jpg
d0105723_10001997.jpg

手ごわい相手はプラロック(けん引道具)を使い、無理なく安全に伐倒します。
d0105723_10003505.jpg

時には、強敵(難敵)が待ち構えています。その強敵とは、「ツルたち」です。除伐時にツル伐りはしてあるのですが、樹冠近くで縦横無尽に張り巡らされているツルに出会うと、にっちもさっちもいきません。伐採時、下から見てもわかりませんが、掛かり木になってからその手ごわさに直面すます。それでも、メンバーの皆さんと協力しながら、何とかその強敵を排除します。
d0105723_10005101.jpg

山の奥で、かつて山が隆盛だったころの風景に出会いました。
d0105723_10010875.jpg
朽ちずに、当時を思わせる佇まいで残っています。

山は陽が落ちるのが早く、2時を回る頃には「もう夕方?」です。それに加え、これからは寒さがますます厳しくなります。
皆さん、今年も何かとお世話になりますが、宜しくお願いします。
(第660話 完)

by 渓


by honokuni1997 | 2019-01-10 09:58 | プリティフォレストクラブ