カテゴリ:プリティフォレストクラブ( 132 )

プリティフォレストクラブ活動日記

3月28日(水)
冬の活動を慰労するかのように、素晴らしい青空と満開の桜が迎えてくれました。
d0105723_08490223.jpg

満開のソメイヨシノと、ちらほらと咲き始めたシダレザクラのコントラストが絶妙です。
d0105723_08495615.jpg

29年度プリフォレ活動も、今日が最終日。雑木の処理や、フィールドに残る伐採木を綺麗に整理します。
d0105723_08501461.jpg
d0105723_08502424.jpg

間伐の終わったフィールドを眺めるのは、達成感と満足感で満たされます。
d0105723_08504197.jpg
それもそのはず、今回のフィールドには悩まされました。急峻なうえ足場も悪く、まさに「難攻不落の城」。何回も滑り落ちたし、「寒さ」との戦いでもありました。しかし、メンバーの力を一つとし作業を終了することが出来ました。

作業完了後のメンバーは、みんな「良い顔」をしています。
d0105723_08505191.jpg
(写真に写っていないメンバーの皆さん、御免なさい)

メンバーの皆さん、寒い中での活動、大変お疲れさまでした。また、有難うございました。皆様のお陰で今期も例年同様、怪我をする人もなく無事終了することが出来ました。来期も、宜しくお願いします。
また、4月1日(日)からは「みんなの森」での活動が始まります。お手数をお掛けしますが、こちらの方も引き続き宜しくお願いします。

さあ、明日はメンバーと今期の活動を振り返りながらの、「楽しい慰労会」。みんなで「ワイワイガヤガヤ」と、楽しみましょう。
(第583話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2018-03-29 08:54 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

3月14日(木)
昨年12月から始まった、冬のプリフォレ活動。終了に向けてのカウントダウンが始まりました。

薄暗く見通しが利かなかった森も、明るい日差しの入る綺麗な森へと変身しました。
d0105723_08555544.jpg

安全を心掛けながらの作業にも、おのずとピッチが上がります。
d0105723_08563457.jpg
d0105723_08570339.jpg
d0105723_08571565.jpg

相変わらず元気な、当会の長老M田さん、御年85歳です。
d0105723_08560907.jpg
年季の入った「手ノコ技」、伐倒方向も適格に見極め、確実に倒します。

作業を始めるくらいから気温も上がり、汗びっしょりです。昼食時、いつもなら「陽」を求めるのですが、今日は「木陰」を求めました。
気温の上昇とともに、冬の作業終了を感じさせます。
皆さん、28日が最終日です。宜しくお願いします。
(第580話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2018-03-15 09:02 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

2月28日(水)
予報によると、今夜から大荒れになるようです。しかし、それを微塵も感じさせない、最高の活動日和に恵まれました。

その陽気に誘われるように、「フキノトウ」も顔を出しました。
d0105723_08442617.jpg

今冬の作業完了目途が立ち始めたと思っていたら、思わぬ事態が発生しました。それは・・・
作業を終えたフィールドと隣地との、「ビフォーアフター」。
d0105723_08440148.jpg
実は、この「ビフォー(右側)」の部分が持山の中であることが判明しました。

雑木に覆われ、境界がよく分からなかったようです。勿論、「綺麗にします」。
d0105723_08441639.jpg

作業面積が増え、隣地との境を確認して歩くと、林道沿いに大径の枯損木を発見しました。このまま放置すれば、いつか大変な事態が予測されます。
d0105723_08445623.jpg
d0105723_08444346.jpg
20m超えマツ2本を、無事撤去しました。

陽気に誘われ、汗と「天敵」のダブルパンチに見舞われました。「ハ~ッ クション」の、連発。憂鬱な季節の、本格的な到来です。
(第576話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2018-03-01 08:47 | プリティフォレストクラブ

はじめての森づくり体験講座

2月24日(土)
愛知県民の森において、「はじめての森づくり体験講座」を行います。

活動の場は、昨年行った隣です。川の土手と一体のフィールドは、雑木たちが「我こそは」と光合成を求め、攻めしのぎあい、まさに「ブッシュ状態」です。

今日の作業は「除伐」ですが、すべて伐るわけでは訳ではありません。カエデ類やモミの木等、この地にあったものは残します。
d0105723_09225472.jpg
d0105723_09235748.jpg
d0105723_09234133.jpg
しかし、作業に没頭していると残すためにマーキングしてある「木」が・・・、無残?にも、横たわっています。(皆さんが作業に熱中している証です。)

川岸には大径の枯損木も多く、一緒に処理します。
d0105723_09231523.jpg

除伐を進めると、大きな雑木の陰に隠れるように「ひっそり」と生育する、「ホソバシャクナゲ」を発見。無事、「保護」することが出来ました。
d0105723_09232543.jpg
この「ホソバシャクナゲ」は、静岡県の天竜川以西から愛知県の東部に分布し、愛知県の天然記念物に指定されています。

作業が終わるころには、川の向こうの散策道も見えるようになりました。
d0105723_09240829.jpg

周りの見通しが利くようになり、多くのハイカーが訪れてくれると「嬉しいです」。
皆さま、お疲れさまでした。次回、ご縁があれば「心地良い汗」を再度流しましょう。本日は、有難うございました。
(第575話 完)

by 渓


[PR]
by honokuni1997 | 2018-02-25 09:28 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

2月21日(水)
陽の差さない、寒い朝です。

しかし、幸いなことに風はありません。こんな日は、まさに作業日和。安全第一で、頑張ります。

このフィールドでの作業も終盤を迎え、ピッチも上がります。樹高があるため、掛かり木にならないように伐倒方向を真剣に見極め、慎重に作業を進めます。
d0105723_08201998.jpg
d0105723_08203939.jpg

気温は低くとも作業を始めれば、体は「ポカポカ」。汗ばみながらの、作業です。
d0105723_08200702.jpg
d0105723_08192250.jpg
d0105723_08195228.jpg

今日も、作業は順調に進みました。
皆さん、お疲れさまでした。次回も、宜しくお願いします。
(第574話 完)

by 渓



[PR]
by honokuni1997 | 2018-02-22 08:22 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

2月14日(水)
風もなく穏やかな、まさに活動日和です。

家の中に閉じこもっていれば「寒~い」となるかもしれませんが、山に入れば「気力」が上回ります。一冬、山通いを続ければ、間違いなく寒さに「強い男・女」に生まれかわります?

相変わらず、掛かり木に苦労しています。フェリングレバー(木回し)を使い、安全に倒します。
d0105723_08140238.jpg

10時を回るころからは気温も上がり、汗ばみながらの作業が続きます。
d0105723_08141713.jpg
d0105723_08143041.jpg
d0105723_08144325.jpg

まさに、活動日和。作業も捗りました。
皆さん、お疲れさまでした。
(第573話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2018-02-15 08:15 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

2月11日(日)
フィールドの地形は林道沿いに長く伸び、尾根付近は両方向から縮まる、まさに「おにぎり型(三角形)」です。

間伐や除伐を進めながら、やっと、その「おにぎり」の頂点まで「辿り着きました」。
d0105723_09180537.jpg

林床に繁茂する雑木の除伐も終わり、見通しが利くようになりました。
d0105723_09182556.jpg

雑木が多く伐採木の選木も甘くなっていたため、再度選木します。
d0105723_09184073.jpg

選木後は、伐採作業に汗を流しました。
d0105723_09185745.jpg
d0105723_09190929.jpg

「比較的温か」と言う予報に反し、時々日は差すものの寒い一日でした。でも、作業は順調に進みました。
皆さん、お疲れさまでした。次回も、宜しくお願いします。
(第572話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2018-02-12 09:22 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

1月31日(水)
この生命力には、感動します。

岩の上を大蛇のようにうねり、そして見事に成長した「大マツ」。
d0105723_08003408.jpg
断崖絶壁に立つ風景も時折見かけますが、目の前で見る「生命力」には、心打つものがあります。

樹高があり込み入ったフィールドでは、伐倒の際の掛かり木に苦労します。そして、危険度も増します。常に危険回避には気を使っていますが、さらに慎重に慎重を重ね作業を行います。そんな時の心強い味方と言えば・・・
メンバーのN中さんは、「心強い味方」を器用に使いこなすベテランです。プラロック(牽引道具)とロープを巧みに操り、伐倒予定場所に確実に倒します。
d0105723_08012603.jpg
d0105723_08013713.jpg
d0105723_08020027.jpg

作業の手を休め「ホッと」できるのは、楽しい昼食。メンバーとの語らいのひと時でもあります。昨年作業を行ったフィールドでは、ほとんど陽が差すことはありませんでした。しかし、今回は違います。昼食時、陽の差す「里?・駐車場近く」まで下ります。
下れば?、当然上りがあります。昼食後の、過酷な「登山」が待ち構えています。
d0105723_08011561.jpg

午後からの作業も、滞りなく順調に進みました。
d0105723_08015031.jpg

朝方吹いた風も途中で止み、寒い中でも「暖かく」作業が出来ました。
皆さん、お疲れさまでした。次回も、宜しくお願いします
(第569話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2018-02-01 08:05 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

1月28日(日)
先日の雪が残る中、今日も氷点下での活動です。
d0105723_16492324.jpg

しかし、氷点下とは言え風もなく、さほど寒さを感じません。絶好の作業日和、「今日も、頑張ります」。

急峻なフィールドに加え、除伐等が進むにつれ「作業場所」は遠くなり、現場到着時には息も上がり「ハーッ、こんき~い(三河弁です)」。

そんなフィールドを眺めると、進む先と進んだ後は、まさに「ビフォーアフター」状態です。
d0105723_16500460.jpg
d0105723_16495334.jpg

立っているだけで滑り落ちそうなところには、「道」を作ります。
d0105723_16494278.jpg

今日も寒い中、作業は順調に進みました。
d0105723_16501580.jpg
皆さん、お疲れ様でした。次回も宜しくお願いします。
(第568話 完)

by 渓




[PR]
by honokuni1997 | 2018-01-28 16:52 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

1月24日(水)
「過去最強」クラスの、寒波到来。そんな寒さも、何のその(本当に?・・・)
早朝、時折白いものが舞いますが、氷点下にも関わらず時折陽の差す、「活動日和」です。

実は今日、何が何でも行わなければいけない事があります。その、事とは・・・
当会の創立20周年記念事業『「穂の国の森」これまでとこれから』が、2月6日(火)に穂の国とよはし芸術劇場PLATで開催されます。
その中で、会の活動の20周年をまとめたDVDを上映することになっています。その一コマとしてプリティフオレストクラブの活動が紹介されることになり、今日の活動をビデオに収めます。

慣れぬカメラに、柄にもなく「緊張気味」の「演者?」が登場。しかし、当然のことですが、慎重にチェンソーを操作します。
d0105723_08350068.jpg
d0105723_08344678.jpg
d0105723_08342596.jpg

数本の伐採風景を撮影後は、メンバーの中から3名がインタビューに答えます。
d0105723_08351291.jpg
当会でのボランティア活動を始めたきっかけや、若い人たちにも参加を促す呼びかけを行いました。

撮影後は、何もなかったかのように、通常通り作業を進めました。

氷点下の寒い中での、撮影でした。通常の作業では何とも思いませんが、黙って撮影を眺めていると、その寒さが身に沁みます。
その寒さを吹っ飛ばすごとく、その後、間伐作業に「汗」を流しました。
皆さん、寒い中、お疲れさまでした。
(第567話 完)

by 渓



[PR]
by honokuni1997 | 2018-01-25 08:40 | プリティフォレストクラブ