プリティフォレストクラブ活動日記

3月20日(水)
中腹から尾根を眺めますが、全然見えません。
d0105723_09532290.jpg
遥か上にある尾根ですが、やっとそこに立つ日が来ました。

距離にして、5~6メートル。手に取るような位置にいるのですが、「ここからが遠かった」。
しかし、悪戦苦闘の末、やっとたどり着きました。
尾根上、隣地との境界に立つヒノキに、マーキングを施しています。
d0105723_09533237.jpg

本当に高いところまで来たものです。
d0105723_09534536.jpg
山裾は、霞んでみることもできません。

やっと尾根までたどり着きましたが、まだまだ作業は続きます。
皆さん、次回も宜しくお願いします。
(第676話 完)

by 渓

# by honokuni1997 | 2019-03-21 09:52 | プリティフォレストクラブ

企業の森活動日記 労福協

3月16日(土)
恒例、愛知県労働者福祉協議会東三河支部さんの活動を、今年も行います。

数年前、豊橋市石巻町の「穂の国石巻の森」で行った植樹をきっかけに、毎年、森林保全・整備を行っています。
今回も、植栽木の成長を妨げる雑木や、雑草の除去を行います。
d0105723_19044421.jpg

見事に伸び?、人の背丈をも上回っています。
d0105723_19045896.jpg
これ以上、はびこらせる訳にはいきません。「退治します」。

間違って植栽木を伐られないように、マーキングをしてあります。それ以外を、「綺麗にします」。
d0105723_19051763.jpg
d0105723_19053227.jpg

参加者の皆さん、不慣れな作業にも直ぐに慣れ、グングン作業が捗ります。
作業終了時には、見違えるようなフィールドが広がりました。
d0105723_19055085.jpg

今日の作業には、40名ほどが参加されました。
d0105723_19061402.jpg

皆さん、お疲れさまでした。
来年も、宜しくお願いします。
(第675話 完)

by 渓



# by honokuni1997 | 2019-03-16 19:01 | 森づくり支援

プリティフォレストクラブ活動日記

3月13日(水)
ここ、新城市出沢での冬の「プリフォレ活動」も、3月末で終了します。活動日も残すところわずかとなりましたが、最後まで気を抜かず「やり抜きます」。

その成果を表すかのように、作業場所もゴールと言える尾根に使づきました。急峻な地形はますますキバをむき、ちょっと気を抜くと「奈落の底」とは言いませんが、かなり下のほうまで滑り落ちてしまいます。柔らかな地面に足場を固め、今日も作業を進めます。
d0105723_10222041.jpg

風穴をあける如く一部分の除伐を進め、尾根を目指します。
d0105723_10220820.jpg

その結果、あと数メートルに迫りました。
d0105723_10223061.jpg

ここまで来たら、せめて尾根の雰囲気を味わってみます。
d0105723_10224283.jpg

朝、新城市の手前から「想定外」の雨が降り出しました。時折強く降る中、フィールドに到着する頃には小雨に。その後、幸いなことに雨も上がり、陽が差し出しました。この雨が天敵の「スギ花粉」を収めてくれると思ったのですが・・・、「甘かった」。強風に揺れるスギの木からは大量の花粉が舞い上がっていました「は~くしょん」。
皆さん、お疲れさまでした。
次回も、宜しくお願いします。
(第674話 完)

by 渓


# by honokuni1997 | 2019-03-14 10:21 | プリティフォレストクラブ

企業の森活動日記 中部ガス・ガステックサービス㈱ サーラの森

3月7日(木)
ついこの間、「今期の活動が終了しました」とお伝えしたと思ったのに・・・

月日の過ぎるのが、早すぎる(これも、寄る年波のなせる業か?)。
と言うわけで、今年も「サーラの森」活動が始まります。それを前に、下見を行います。

県道10号から林道に入った瞬間、見慣れない光景が目に飛び込んできました。設楽ダムの工事もいよいよ本格化し、「サーラの森」へ向かう道の周りで伐採が始まりました。
d0105723_09262417.jpg

久々に対面する森も、元気に冬を乗り越えたようです。
d0105723_09263810.jpg
まだまだ「蕾固し」状態ですが、緑で覆われるのも「すぐそこ」です。

今日の、目的の一つ。活動最終日に伐採しておいたコナラの木を、シイタケのホダ木サイズに玉伐りします。
d0105723_09270282.jpg
次回、この木にシイタケの駒菌を打ち、「ホダ木」にします。

その後、今期の構想を練りながら、林内を点検します。
d0105723_09271902.jpg

点検していると、いきなり倒木に出会いました。勿論「すぐに片づけます」。
d0105723_09273221.jpg

道下フィールドを点検していると、春を告げる「あの花が」。
d0105723_09274788.jpg
「まず咲く」、「まんず咲く」・・・、「マンサクの花」です。

「サーラの森」到着時、気温6度。晴れたり曇ったりしたのち、小雨が降り出し、そして突然の「ヒョウ・アラレ?」大粒のものが音を立てて降り出しました。それに追い打ちをかけるように、「雷鳴」も。何でもありのような天候のもと、今日の目的は無事終了しました。

皆さん、次回の活動日は3月26日(火)を予定しています。シイタケの菌打ちと、スズメバチ捕獲大作戦の第一弾「越冬しちゃった女王バチ」捕獲のトラップ設置を中心に作業を行いたいと思います。
ご参加のほど、宜しくお願いします。
(第673話 完)

by 渓

# by honokuni1997 | 2019-03-08 09:25 | 森づくり支援

プリティフォレストクラブ活動日記

3月3日(日)
予報では終日曇りだったのに、朝起きたら「雨が降っています」。
しばらくすると、某メンバーから電話があり「こんなのは通り雨だで、やるぞん」。そんな訳で、雨天決行です。

林道に入る手前に、こんな看板が。
d0105723_10045464.jpg
ついこの間終わったと思ったのに、今大会は秋から春に代わったようです。と言うことで、この日程により私たちは小さな被害者に。活動日の日程が被り、変更を余儀なくされました。

このラリーは一部、雁峰林道をコースにしています。そして、何と、私たちが普段駐車している場所が、このコースでのゴールになります。
d0105723_10050993.jpg

幸いなことに雨は降っているものの、作業を妨げるほどではありません。足元に注意しながら、作業を行います。
d0105723_10052587.jpg

小雨の中、今日も一日元気よく「頑張りました」。
d0105723_10054719.jpg
d0105723_10060577.jpg

皆さん、雨の中、お疲れ様でした。
次回、6日(水)も宜しくお願いします。
(第672話 完)

by 渓

# by honokuni1997 | 2019-03-04 10:07 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

2月27日(水)
「は~くしょん」の連発が、林内に響き渡ります。

今、間伐を行っているフィールドはスギとヒノキの混合林ですが、現在地の周りは圧倒的にスギの木です。

「花粉症」が市民権?を得てからかなりの年月が経ちますが、私が発症したのは50年以上前。その時代、「花粉症」と言うようなしゃれた言葉もなく、周りにも同じような症状を訴える人はほとんどいませんでした。毎年、この時期になると風邪でもないのにくしゃみや鼻水が出る「変わった奴」でした。経年により症状は幾分緩和されましたが、今でも苦しんでいるのには変わりありません。
テレビでは、連日「花粉状況」を発表していますが、そんなことは「無視」して山通いが続いています。

スギの伐倒時、倒れる前には樹冠付近は白く煙り、倒すと同時に周りは大量の煙のようになり舞い上がります。
d0105723_10115197.jpg
と同時に、「は~くしょん」。

花粉による「いじめ」は、スギ伐倒時だけではありません。スギの下に繁茂する雑木や、林床にも大量に降り積もっています。伐り倒すと同時に、こちらも「は~くしょん」。
d0105723_10120419.jpg
d0105723_10121514.jpg

画像では良く見えませんが、先の霧ではなく花粉に「霞んでいます」。
d0105723_10124407.jpg

その花粉の凄まじさは、こんなところにも。伐採途中、置いたチェンソーのハンドル部分は、あっという間に「花粉」で白くなりました。(実際は、黄色っぽい)
d0105723_10130171.jpg

陽だまりでの昼食時、その上には「たわわになった雄花」が。「花粉パウダーのふりかけ」です。
凍えるような寒さが過ぎたと思ったら、今度は「花粉の洗礼」。
皆さん、めげずに?頑張りましょう。
次回も、宜しくお願いします。
(第671話 完)

by 渓



# by honokuni1997 | 2019-02-28 10:13 | プリティフォレストクラブ

はじめての森づくり体験講座

2月23日(土)
新城市にある「愛知県民の森」で、3回目となる「はじめての森づくり体験講座」を行います。

風もなく穏やかな日に恵まれました。今日の活動は昨年に引き続き、県民の森ピクニックサークルの川沿いを綺麗にします。

前2回の作業で、散策道からの見通しが良くなりました。今日は、残りの場所を一気に片づけます。
d0105723_08410036.jpg

満員電車状態のフィールドは、我も我もと「光」を求め、上へ上へ。その結果、みんな「ヒョロヒョロ」です。残す木にはマーキング(ピンクテープ)をしてあります。それ以外を、一挙に除伐します。
d0105723_08411518.jpg
d0105723_08412648.jpg

作業を進めるにつれ気温も上がり、汗を流しながらの作業は続きます。
d0105723_08414305.jpg

その結果、見違えるようになりました。
d0105723_08415956.jpg

皆さん、お疲れさまでした。今日の除伐により、残された木々達は立派に育ってくれることと思います。
有難うございました。
(第670話 完)

by 渓

# by honokuni1997 | 2019-02-24 08:47 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

2月20日(水)
時折強く降り続いた雨も夜半には上がり、清々しい朝を迎えました。

しかし、雨を含んだフィールドは滑りやすく、危険がいっぱい。さらに慎重に、作業を進めます。
d0105723_09090774.jpg
d0105723_09093026.jpg

現在進めているフィールドを、仕上がったフィールから眺めると、その進捗状況が良く分かります。
d0105723_09094784.jpg
「いつの間にか、あんな上のほにまで行ったんだ」。(自分で自分を、褒めたたえます?)

林床の雑木除伐の、ビフォー・アフター(左右)。
d0105723_09100540.jpg

フィールドの急峻な地形は、ますます「きつくなってきました」。
d0105723_09101860.jpg
まだまだ、「こんきい」作業は続きます。

暖かさを通り越し、「暑い」活動日になりました。そんな中、時折吹く風が「心地良~い」。この時期、ありえないような一日でした。
皆さん、お疲れさまでした。
次回も、宜しくお願いします。
(第669話 完)

by 渓

# by honokuni1997 | 2019-02-21 09:12 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

2月13日(水)
作業が進むにつれ、フィールドは上へ上へ。
d0105723_09233860.jpg
急峻な地形のため致仕方ないことですが、丸腰でも大変なのにチェンソー等重装備での「山登り?」。現場到着時には、「あ~疲れた」。

こんな急峻な場所にも、獣道(けものみち)をうまく利用した作業道がある場合が。少し遠回りになる場合でも、こちらを使ったほうが「楽」です。
d0105723_09240181.jpg

安全に作業を進めるためにも、下準備は欠かせません。下層木の除伐を行い見通しが効くようになってから、本命の伐採木を伐倒します。
d0105723_09241819.jpg
d0105723_09243008.jpg

作業途中から陽が差し出し、それにつれ気温も上昇。今日も、「良い汗」流しました。
皆さん、お疲れ様でした。次回も、宜しくお願いします。
(第668話 完)

by 渓




# by honokuni1997 | 2019-02-14 09:27 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

2月10日(日)
前回の雨から一転、快晴の活動日に恵まれました。
d0105723_08502521.jpg
しかし、極寒には変わりはありません。今日も安全を心掛け、一生懸命行います。

伐採が進み、森の様相も一変してきました。林床にも陽が届き、気持ちよく作業も進みます。
d0105723_08505037.jpg
d0105723_08510344.jpg
d0105723_08511334.jpg

でも・・・、樹冠近くでツルがからみ、手こずることも度々あります
d0105723_08513023.jpg

極寒の中でも作業を始めれば、汗が滴り落ちます。
今日も予定していた作業は、無事終了。
皆さん、お疲れさまでした。次回も宜しくお願いします。
(第667話 完)

by 渓

# by honokuni1997 | 2019-02-11 08:53 | プリティフォレストクラブ