2018年 09月 07日 ( 1 )

自然観察案内(森林教室)豊川市立小坂井西小学校

9月6日(木) 
「3度目の正直?」です。

8月初旬の台風13号に続き、先の21号の影響により2度の延期になりました。台風一過、晴れ渡った空のもと「さあ、出発」という時に飛び込んできた情報は、現地付近は「倒木により、通行不可能」。その頃、現地にいた私は倒木現場に向かいましたが一部処理は完了しており、電柱に掛かった倒木の処理を待つ状態でした。その後すべての処理を確認、大幅に遅れながらも12時30分に学校を出発したそうです。

そんな子供たちを迎えてくれたのが、見たことのないような「満天の星空」。今までの「苦労?」をすべて吹っ飛ばしてくれるような、みんな大感動の一夜だったようです。

今日案内する学校は、小坂井西小学校(児童97名)、「学校68個分」です。
校長先生をはじめ先生方は、やっと行うことのできる野外学習に「ほっと一息」のようです。この状況を間近に感じた私たちは、いつも以上に「使命感」がわきます。

台風一過の森では、通常とは違う風景が広がります。と同時に、思わぬ「副産物?」も多く目にします。
「きららの森」の巨木の先にひっそりと咲き、普段目に触れることのない「花」。高い位置で形もよく分からない「葉」。ちょうど花を咲かせている、ハリギリ・コシアブラ・タカノツメ等々、こんな連中が強風により折れ散策道に散乱しています。(写真は、コシアブラの花です)
d0105723_09154091.jpg
今までにない最高の教材を使い、子供たちに分かり易く説明しました。

午後からの案内時、全員が集合すると先生が、パンパンパンと三つ手をたたきました。それに呼応するように子供たちからも、パンパンパン。それを見ていたおじさんは注意事項等を説明する前に、思わず真似をし、パンパンパン。子供たちからも、パンパンパン。反応の良さに、「大感激」です。気を良くした「おじさん」、いつものように張り切って案内します。
d0105723_09155390.jpg

昨日歩いた際はなかったのですが、一夜?のうちに倒れたようです(見た目以上に大きく、20m越えです)。
d0105723_09160624.jpg
まさに「根こそぎ」状態で倒れていました。

子供たちにとって待ちに待った「森林教室」だったようです。みんな素直に元気よく、歩きました。
皆さん、お疲れ様でした。いい思い出を沢山作って、帰ってくださいね。
(第630話 完)

by 渓


[PR]
by honokuni1997 | 2018-09-07 09:14 | 野外・訪問授業