2018年 05月 03日 ( 1 )

みんなの森活動日記

5月2日(水)
一昨年、昨年と「スズタケ」の話題で、大いに盛り上がりました。一昨年、スズタケの花が120年ぶりに「一斉開花」したとマスコミで大いに取り上げられ、多くの観光客でにぎわいました。昨年は、「去年の開花は何だったの?」、と思わせるほど咲き誇りました。その結果、見事に?枯れ果て「林床」がむき出し状態になってしまいました。林野庁の調べによると、一昨年は前咲で15%、昨年は本咲で80%の開花率だったようです。

残りの、「5%」?
その、枯れ果てむき出しの林床をよく見ると・・・蕾が膨らみ、開花まじかの「仲間たち」の姿を稀に目にします。
d0105723_09594947.jpg
その仲間たちが咲き、そして枯れ果てるのか?、残り5%の「仲間たち」の動向に目が離せません。

そんな、むき出しの林床から、頭上に目を向けると・・・
d0105723_09591342.jpg
元気よく育つ、「みんなの森の仲間たち」の姿に、「ホッと」します。

先日の「県民の森」では盛りが過ぎていた「シャクナゲ」も、ここでは「真っ盛り」です。
d0105723_09595942.jpg

「ウワミズザクラ」も、咲き始めました。
d0105723_09590226.jpg

先日の大雨により傷んだフィールドを、点検して歩きます。
d0105723_09592866.jpg

その途中、どこからか落ちたのか?・・・
d0105723_09593761.jpg
「何の、卵?」。

あと咲きの、「スズタケの花」。その後、新たに芽吹く元気な連中もいるでしょうが、その先の「天敵」の存在が危惧されます。
食欲旺盛な「シカたち」の行動にも、注目していきたいと思います。
(第591話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2018-05-03 10:02 | 穂の国みんなの森(段戸)