企業の森活動日記 中部ガス・ガステックサービス㈱ サーラの森

7月26日(木)
緑あふれる、「サーラの森」。見た目にも、「涼」を感じます。
d0105723_10072661.jpg

下界の酷暑を忘れる、気温24度。今日も張り切って作業を行います。
d0105723_10074133.jpg

恒例、燃料補給を行いながらの始業点検。作業前に欠かすことのできない、重要なひと時です。
d0105723_10075246.jpg

今日の作業は、前回の続き。涼しい中とは言え熱中症対策は忘れずに、水分補給や適度な休息をとりつつ進めます。
d0105723_10081408.jpg
d0105723_10082402.jpg

今進めている作業の目的は、大木の下で「まったり」とした時間を過ごすことが出来る空間を作ることと、森を散策する際安心して歩けるフィールドを作ることです。2本の散策道がこの場所を挟むように伸びています。しかし、林床に繁茂する馬酔木(アセビ)等の低木により見通しは遮られ、人が入ることをも拒んでいるような状態です。密室のような状況を取り払い、両方の道が見通せるようにします。

その結果、見事に予定通りの空間が出現しました。
d0105723_10084386.jpg
一つの課題が、完了しました。

森を歩くと盛夏に花を咲かせる「リョウブ」が、咲き誇っています。
d0105723_10085681.jpg

涼しい中とは言え作業を始めれば、「滝のような汗」。しかし、今晩はメンバーとの楽しい「暑気払い」。その場面(ゴクリ、のどが鳴ります)を頭に浮かべながら、作業を進めました。
皆さん、暑い中お疲れさまでした。次回も、宜しくお願いします。
(第620話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2018-07-27 10:05 | 森づくり支援
<< 自然観察案内(森林教室) 豊川... みんなの森活動日記 >>