東三河生態系ネットワーク協議会バスツアー

7月29日(土)
「東三河自然満喫の旅」と題し、当会も構成メンバーとなっている「東三河生態系ネットワーク協議会」のバスツアーを行います。

親子を対象とした、地域の自然や豊川(とよがわ)の恵みを体感する参加費無料のバスツアーで、今年で3回目の開催です。

最初に訪れたのは、豊川市にある手取山公園です。
d0105723_09221397.jpg
d0105723_09223661.jpg
昆虫や植物採取を楽しんだ後は、「紙芝居」。

この地方を貫く、日本最大の断層「中央構造線」。断層を境に内帯は領家変成帯、外帯は三波川変成帯にわかれ、岩石の種類も異なります。少し難しい話ですが、「リョウケ君」と「サンバ君」に例えて、紙芝居を通し分かりやすく説明します。
d0105723_09222557.jpg

次に訪れたのは、新城市(旧鳳来町)にある「鳳来寺山自然科学博物館」。
d0105723_09224692.jpg
館長さんの話を、真剣に聞き入っていました。

午後からは、「大野頭首工」・「宇連ダム」・「大島ダム」を周りました。
d0105723_09214550.jpg
d0105723_09215763.jpg

その結果、見事に?3枚の「ダムカード」を「ゲット」しました。
d0105723_09212915.jpg

最後の仕上げは、今日一日真剣に学んだ「参加証明書」の贈呈式。
d0105723_09225561.jpg

証明書だけではありません、副賞?として、奥三河がかつて海であったことを表す、旧鳳来町海老川で採れた「1700万年前の貝の化石」(非常にレアなもの)と、カブトムシのペアをプレゼントしました。受け取った子供たちは、みな満面の笑みを浮かべていました。

子供たちにとっては、夏休みのよい思い出が出来たことでしょう。皆さん、暑い日がまだまだ続きます。夏バテせず、元気に過ごしてくださいね。
(第525話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-30 09:25 | 定例会など
<< 自然観察案内(森林教室) 豊川... みんなの森活動日記 >>