<   2017年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

東三河生態系ネットワーク協議会バスツアー

7月29日(土)
「東三河自然満喫の旅」と題し、当会も構成メンバーとなっている「東三河生態系ネットワーク協議会」のバスツアーを行います。

親子を対象とした、地域の自然や豊川(とよがわ)の恵みを体感する参加費無料のバスツアーで、今年で3回目の開催です。

最初に訪れたのは、豊川市にある手取山公園です。
d0105723_09221397.jpg
d0105723_09223661.jpg
昆虫や植物採取を楽しんだ後は、「紙芝居」。

この地方を貫く、日本最大の断層「中央構造線」。断層を境に内帯は領家変成帯、外帯は三波川変成帯にわかれ、岩石の種類も異なります。少し難しい話ですが、「リョウケ君」と「サンバ君」に例えて、紙芝居を通し分かりやすく説明します。
d0105723_09222557.jpg

次に訪れたのは、新城市(旧鳳来町)にある「鳳来寺山自然科学博物館」。
d0105723_09224692.jpg
館長さんの話を、真剣に聞き入っていました。

午後からは、「大野頭首工」・「宇連ダム」・「大島ダム」を周りました。
d0105723_09214550.jpg
d0105723_09215763.jpg

その結果、見事に?3枚の「ダムカード」を「ゲット」しました。
d0105723_09212915.jpg

最後の仕上げは、今日一日真剣に学んだ「参加証明書」の贈呈式。
d0105723_09225561.jpg

証明書だけではありません、副賞?として、奥三河がかつて海であったことを表す、旧鳳来町海老川で採れた「1700万年前の貝の化石」(非常にレアなもの)と、カブトムシのペアをプレゼントしました。受け取った子供たちは、みな満面の笑みを浮かべていました。

子供たちにとっては、夏休みのよい思い出が出来たことでしょう。皆さん、暑い日がまだまだ続きます。夏バテせず、元気に過ごしてくださいね。
(第525話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-30 09:25 | 定例会など

みんなの森活動日記

7月26日(水)
本年度の生育調査も、残すところあと1か所となりました。
作業小屋裏に位置する、西-D-2。
d0105723_13362386.jpg
毎年、ここの調査をもって終了となります。

このパッチは急峻なうえ、また樹冠がうっぺいし計測木の先端を確認するのにも一苦労するします。足を踏ん張りながら、慎重に調査を進めます。
d0105723_13364891.jpg
d0105723_13370162.jpg

調査も終盤を迎え、終了の目途が立ち始めたころから、「ポツリ・ポツリ」。しばらくすると、「ザーッ」と雨が降り出しました。データを紙面に記入する関係上、「雨は大敵」。調査用紙を濡らさないように、作業小屋へ避難します。
昼食終了時までには雨は上がりましたが、枝を揺らすと「雨粒」が勢いよく落ちてきます。残念ですが、残りの作業は次回にまわします。

あと少しで完了というところで、本当に残念でした。しかし、調査の日程は予定より早く進んでいます。
メンバーの皆さん、次回も宜しくお願いします。
(第524話 完)

by 渓



[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-28 13:41 | 穂の国みんなの森(段戸)

自然観察案内(森林教室) 豊川市立天王小学校

7月25日(火)
悪天候が予想されます。さて、どうなることやら。

朝の打ち合わせ時、薄曇りです。先生方はやる気十分、「歩きます」。
今日案内する学校は、天王小学校(児童44名)、「学校69個分」です。

屋根付き広場は塗装等の作業が始まり、まるで芝居小屋風の趣きに変身しました。
d0105723_07282780.jpg

水温を肌で感じてもらうために、手首まで水につけ、ゆっくりと「い~ち・に~・さ~ん・・・」数えます。
「10・数え終えるまでは、手を出してはダメ」、子供たちからは「手が凍ちゃう~」。10かぞえ終わり、手を出した後、「さて、何度でしょう?」。子供たちからは、思わず「マイナス20度」、「マイナス5度」、「1度」様々な答えが返ってきます。手が凍りそうなくらいに感じた結果です。
d0105723_07284138.jpg
水温測定をすると、「15度」。子供たちからは思わず、「え~、それっぱかり」。

歩き終え、感想を聞きます。子供たちからは一斉に、「楽しかった~」。この感想に、おじさん「至福のひと時」です。子供たちは、忘れないうちに「メモ」を取ります。
d0105723_07285092.jpg

午後からも、少し霧が出ましたが「元気に、歩きました」。
d0105723_07281735.jpg

今日の、昼食。
手製の五平餅。朝食を作るときに、併せて作ったそうです。自分が食べれるだけの量で作ったため、大きさは「バラバラ」です。
d0105723_07275499.jpg
炭火で焼き、美味しく「いただきました」。
d0105723_07280665.jpg

午前中、雨が少し降り出しましたが森という「大きな傘」のおかげで、濡れることなく歩くことが出来ました。昼食時には少し強く降り出しましたが、午後からの案内が始まるころには「上がりました」。やる気十分の先生方&良い子ばっかりの子供たちのパワーが、天候を上回ったようです。皆さん、お疲れさまでした。
(第523話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-26 07:30 | 野外・訪問授業

企業の森活動日記 ガステックサービス㈱・サーラの森

7月20日(木)
梅雨も明け、いよいよ暑さも本番です。作業時の大敵「熱中症」には十分注意しながら、作業を進めます。

下界と比べれば10度くらい気温が低い「サーラの森」ですが、作業を始めれば「暑~い」、汗が噴き出ます。でも、木陰での小休止時に時折吹き抜ける風は「心地良~い」。

今日の作業は、前回からの続きを行います。
d0105723_08390976.jpg

先日、「サーラの森の人工林は、どのあたりにあるのですか?」と尋ねられました。
d0105723_08383637.jpg
赤丸の場所が、現在作業を進めているところです。

今日の作業で、人口林内の作業を終了させたいと思いますが・・・、何にしても作業量の多さには、閉口します。しかし、そんなことでは作業は進みません、「頑張りま~す」。
d0105723_08392416.jpg

「頑張りました」、今日も「心地良い汗」に酔いしれました。
d0105723_08385623.jpg

その結果、隣地との違いを比べれば、まさに「ビフォー・アフター」が一目瞭然です。
d0105723_08395888.jpg

同時に、ササ刈作業にも汗を流しました。
d0105723_08393741.jpg

大汗を流した、作業でした。でも、その流した汗の量以上を「補給」します。
今夜はメンバーと、暑気払いを兼ねた懇親会。ビアガーデンで心地よい風に吹かれながら、「楽しみま~す」。
(第522話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-21 08:45 | 森づくり支援

みんなの森活動日記

7月19日(水)
昨年、120年ぶりの開花と話題騒然となった、「スズタケの花」。タケは花を咲かせ、そして枯れると言われています。
しかし、結果としては花は咲いたが「結実」せず、ほとんどは生き延びました。そして、今年は昨年を上回る沢山の花が咲きました。
昨年はいつまでもポツポツと咲いていましたが、今年は一斉に咲き、そして一斉に散りました。その結果?、「きららの森」を含む一帯の林床を占める「スズタケ」が、一斉に枯れだしました。
d0105723_07262348.jpg
d0105723_07263549.jpg
まさに、「すごい事に」の一言に尽きる光景です。この後、過去の記録にのっとると、林床に落ちた実を求め、「ネズミの大発生」が危惧されます。今後の成り行きには、目が離せません。

生育調査。前回、調査のための調査を行いました。これが功を奏し、予想以上に調査が進みました。何と、通常なら1日2パッチを行うのが精一杯ですが、今日は4パッチも「出来ちゃいました」。
d0105723_07264685.jpg
d0105723_07265850.jpg
残すは、あと1パッチ。メンバーの皆さん、引き続き宜しくお願いします。

異常なくらいの「スズタケ」の、枯れ具合。来年は「どうなっちゃうの?」、気がかりです。
(第521話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-20 07:30 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

7月15日(土)
豊橋方面からのメンバーが「みんなの森」の活動に参加するには、県道33号か365号を利用します。路肩崩落や道路損壊の危険性や、道幅が狭く対向車とのすれ違いにも苦労する365号線ですが、無くてはならない重要な道路です。
一方、33号線は365号に比べればほんの少し道幅が広く、山みちに不慣れな人には比較的走りやすい道です。難点は、365号を使うより10㎞ほど遠くなることです。

d0105723_08275477.jpg
そんな33号線ですが、数年来、道路工事による度重なる通行止めに苦しめられてきました。

しかし、やっと裏谷付近の工事がほぼ終了し、見違えるような走りやすい道路になりました。
d0105723_08280689.jpg
d0105723_08282121.jpg

現在、本谷付近で新しい道が作られていて、開通の折にはさらに交通アクセスのよい道になると思います。(祈、早期開通)

33号線はきれいになりましたが「みんなの森」への林道は、相変わらずの人海戦術による道路補修は欠かせません。
d0105723_08274256.jpg

生育調査で苦労するのは「戸籍簿による、本人確認?」、住民票代わりの番号カードが付けてあるのですが風等により取れてしまうものもあります。今日は、調査をスムーズに進めるための「調査の前の調査」、番号確認を行います。
d0105723_08271695.jpg
d0105723_08272924.jpg

本谷付近での工事が終われば、大型バスの通行も可能になるようです。その日を楽しみに、365号線を使っての通学?は続きます。
(第520話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-16 08:29 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

7月12日(水)
本年度の生育調査の、2回目です。
d0105723_07535307.jpg

モデルパッチ内の木には、全て通し番号を付けています。それを、特注?(手製)の計測器で測りますが、簡単に見えますが・・・

樹冠がうっぺいし、樹の先端がよく見えません。離れた場所から確認したり、木をゆすったりして先端を確認します。
d0105723_07540816.jpg
d0105723_07542298.jpg
各パッチには計測を待つ仲間たちが、100本から150本います。上を見上げながら続く作業に、おのずと「首が痛~い」となります。

簡単なようですが、「根気」と「やる気」の無い人には絶対無理な仕事です。午前・午後で2パッチやるのが精一杯。まだまだ、調査は続きます。

午前中、にわかに空が暗くなりなりました。「せめて、このパッチの調査が終了するまで・・・」。幸いなことに、午後の調査が終了するまで「雨」に降られることはありませんでした。(やれやれ)
(第519話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-13 08:14 | 穂の国みんなの森(段戸)

企業の森活動日記 豊橋農業協同組合(JA豊橋)

7月8日(土)
昨年は雨天順延となり、8月に行いました。一転、今年は強い日差しの中での、活動日になりました。

ここ、「豊橋市民の森」は「サーラの森」の一部を借用し、豊橋市総代会(現・自治会)が平成14年に会創立50周年記念として、植樹を行いました。以来、JA豊橋の職員の皆さんが下草刈りを行っています。

心強い味方である「刈払い機」も、ずらりと並ぶと圧巻です。
d0105723_08085602.jpg

作業を前に、S井組合長さんからの訓示。
d0105723_08094919.jpg
そして、「尾根にたどり着くまでは、昼飯を食べるな」。何時もの言葉が、スタートの合図となり作業が始まりました。

先輩職員が刈払い機を心置きなく使えるよう、新人諸君はマーキングしてある植栽木の周りをつぼ刈りします。
d0105723_08075338.jpg
(本当は新人諸君に刈払い機を使ってもらいたいのですが、「使えない」・「使った事が無い」が、実情です)

JAパワーを全開し、休憩も取らず刈払い機を操作します。
d0105723_08082159.jpg
d0105723_08083490.jpg

終了時には、気持ち良い空間が出現しました。
d0105723_08091784.jpg

今日の活動には、34名の皆さんが参加されました。
d0105723_08093478.jpg
皆さん、お疲れ様でした。来年も、宜しくお願いします。

おまけ
作業終了後、組合長から「とよがわの源流を、若い連中に見せてやって」。「源流だけではもったいない」、道下フィールド全部を案内しちゃいます。
d0105723_08080880.jpg

帰り道は、もちろん「アドベンチャーコース」です。
d0105723_08074200.jpg
新人諸君は息絶え絶えになりながらも、見事に登り切りました。

帰りは、ちょっと距離がある「通常コース」と、冒険心をくすぐるような「アドベンチャーコース」の二つから選択することが出来ます。もちろん、私は「アド・コース」を進めますが、歩いた人からはほぼ、「だまされた」の声が・・・
(第518話 完)

by 渓


(第421話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-09 08:13 | 森づくり支援

企業の森活動日記 ガステックサービス㈱・サーラの森

7月6日(木)
朝から梅雨明け前とは思えないような、強い日差しです。今日も張り切って、作業を行います。

明後日・8日(土)、JA豊橋の皆さんが「サーラの森」の一角にある、「豊橋市民の森」の下草刈りを行ってくださいます。それを前に、皆さんの乗ってくるマイクロバスが支障なく走行できるように、林道沿いに大きく張り出した枝をトラックの荷台から伐ります。
d0105723_07563952.jpg

同時に、大きく伸びたササや雑草の陰に隠れ、誤って刈り払い機の餌食?にならないように、よく目立つようにマーキングします。
d0105723_07553805.jpg
d0105723_07555482.jpg
d0105723_07552498.jpg
昨年は雨天延期となり、一月ほど遅れ作業が行われました。しかし、今年は予報によれば「晴れ」。JAの皆さん、暑いとは思いますが熱中症には十分気を付けて行ってください。宜しくお願いします。

午後からは、最近の恒例となっている道下整備。作業は予定通り、順調に進んでいます。
d0105723_07561138.jpg
d0105723_07562557.jpg

道下フィールド一体化計画?(いつの間にか、勝手にこんな名称が・・・)、活動の都度、日々進化しています。この作業に携わった皆さんからも高評価?(少し手前味噌ですが)を得ています。作業後の、心地よい「汗」(実際は、汗びっしょり)。皆さんも一緒に、汗を流しませんか。

道下の変貌に、久々に参加された方はみな驚かれます。皆さんも、一度お尋ねください。そして、その変貌していく作業の一角を担ってください。森はいつでも、皆さんのお越しをお待ちしています。宜しくお願いします。
(第517話 完)

by 渓



[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-07 08:03 | 森づくり支援

みんなの森活動日記

7月5日(水)
一部地域に甚大な被害をもたらした、台風3号。被災者の皆様には申し訳ないのですが、この地方では「いつの間にか通過してしまった」台風でした。

7月に入り「みんなの森」では、恒例の活動が始まります。今日は、その1回目と張り切っていたのですが、朝方まで降っていた雨が邪魔をしました。
その恒例の活動とは、「みんなの森」には8ヵ所、モデルパッチを設けています。そこに育つ仲間たち全ての、樹高・胸高直径を計測する生育調査です。

データを記入する関係上、葉っぱの上の雨粒が落ちてくる条件では調査はできません。午前中は前回の続き、「架橋」工事?を行います。
d0105723_07011205.jpg

背負子で材料を運び、作業に入ります。踏み板を丁寧に並べ、ビス止めします。
d0105723_07012805.jpg
d0105723_07014015.jpg

ほぼ完成というところで、肝心のビスが無くなってしまいました。続きは、次回行います。
d0105723_07015157.jpg

午後からは、待望?の生育調査を行います。
d0105723_07020366.jpg

平成13年以降、全パッチに生育している本数を記録してきた結果、10,000本以上ありました。全てを毎年把握するのは困難なため、17年よりモデルパッチ内の毎木調査を行っています。

今日は、1パッチの調査を行いました。まだまだ、調査は続きます。
多くの皆さんの「ヘルプ」が必要です。宜しくお願いします。
(第516話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-06 07:03 | 穂の国みんなの森(段戸)