<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

プリティフォレストクラブ活動日記

12月17日(水)
全国的に、大荒れの天候です。
朝、自宅を出る時も、強風が吹き荒れていました。
今日の間伐が、心配です。

しかし、現地に到着すると・・・、
ほとんど風は、吹いていません。絶好の、作業日和です。
絶好と言いつつも、寒いものは、寒い。厚い氷も、張っています。

天候と同じくらい、この森は荒れています。
d0105723_10175726.jpg
d0105723_10182026.jpg
覆いかぶさる、風倒木。滑り落ちそうな、急斜面。
d0105723_1018454.jpg
寒さ厳しき中での、間伐作業。
しかし、作業を始めて少しすると、体ポカポカ、汗ばんできます。

作業が終わるころには、見違えるような森が姿を現します。
d0105723_10201580.jpg

風倒木の多い、この森。作業は始まったばかりです。
頑張ります。
(第224話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-12-18 10:27 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

12月13日(土)
厳しい寒さの中、作業は順調に進んでいます。
d0105723_10185668.jpg

林内もすっきりし、林床にも光が届くようになりました。
d0105723_10191876.jpg

今日も、H登くん登場
好奇心旺盛な、H登くん&H登母
d0105723_10203828.jpg
d0105723_10205195.jpg
トンネルの上から、高さを実感していました。
このトンネル、大正5年に作られたそうです。

次回から、フィールドを移動します。
その森には、「イノシシの罠」が設置してあります。
d0105723_10214065.jpg
罠の周りには多くの、「ラッセル痕(イノシシが掘り返した後)」があります。
しかし、この罠には一度も掛かってていないそうです。

谷沿いの、荒れ果てた「放置林」。
d0105723_1022626.jpg
風倒木や、枯れた木が沢山あります。
倒れた木を片付けながらの、作業が始まります。

作業終盤、強い雪が降り出しました。
しかし、本格的な寒さは今から。
「寒くなんかない!!」、頑張ります。
(第223話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-12-14 10:33 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

12月10日(水)
限界集落という言葉を、よく耳にします。
ここの集落には、8軒の家があります。しかし、住んでいるのは4軒。
高齢化が益々進み、山は荒れていく一方です。

フィールドの入口にそびえ立つ、立派な「ヒメシャラ」。
d0105723_910202.jpg
樹皮の橙色が美しく、白(シラカバ)、緑(アオギリ)と共に、三大美幹木に数えらえれます。

林床には、サカキやカシ類が林立しています。
d0105723_9105349.jpg
サカキを除き、それ以外は除伐します。

すっきりと、林内が見通せるようになりました。
d0105723_9113041.jpg

除伐が終わったフィールドからは、鳳来寺山が見えるようになりました。
d0105723_9125246.jpg

立派な井戸が残る、この家。
d0105723_9114592.jpg
この家も現在、空き家です。

少しでも山が健康になるように、活動を行っています。
皆さんも一度、作業体験にお出かけください。
私たちと寒い中で、心地良い汗をかきましょう。
お待ちしています。
(第222話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-12-11 09:21 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

12月7日(日)
林床に沢山のサカキが育つ、このフィールド。
農機具小屋を壊すことなく、間伐が終了しました。
木立の間に、明るい空間ができました。
d0105723_9193740.jpg
d0105723_9203225.jpg

しかし、問題は次回から行う、隣接したフィールド。d0105723_9211738.jpg
典型的な、不在地主さんの山です。





作業が終わった山から、一歩足を踏み入れると・・・
d0105723_9214310.jpg
やりがい?のある、山が広がります。

今回、高さ、太さに苦労しました。
しかし、良い勉強ができました。
引き続き、難題が多そうですが頑張ります。
(221話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-12-08 09:35 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

12月3日(水)
のどかな風景が広がる、旧鳳来町大草地区。
d0105723_9531388.jpg
d0105723_953281.jpg
その風景とは裏腹に、今日の作業は「過酷」です。

この森には、80年生の先代木があります。
d0105723_9541969.jpg
山主さんの依頼で、数本伐倒します。

樹高25m超、胸高直径50c超。手強い相手です。
倒すこと自体は問題ではないのですが、通常倒れる方向には・・・
農器具小屋や、電線があります。こちらに倒したら、一大事。
チルホール(手動ウインチ)や滑車を使い、慎重に作業を進めます。d0105723_9552898.jpgd0105723_9554571.jpgd0105723_95623.jpgd0105723_104412.jpg
トンネル方向に倒します。
d0105723_1025726.jpgd0105723_1031776.jpg
山側に倒す場合、隣の太い枝が邪魔をします。d0105723_10122978.jpgd0105723_10124257.jpg
d0105723_101308.jpg
掛かり木に手こずりながらも、何とか作業を終えることが出来ました。

殺伐とした冬の林内にも時折、鮮やかな色を見ることが出来ます。

フユイチゴ
d0105723_10131993.jpg

センリョウ
d0105723_10133579.jpg
センリョウやマンリョウは、よく目にします。
これらに「アリドオシ」を加え、正月の縁起物(千両万両有り通し)として寄せ植えを作る地方もあるそうです。
同じアカネ科で、そのアリドオシに葉や花が似ているところから、名が付いたそうです。

ツルアリドオシ
d0105723_10135081.jpg

雑学の受け売り
センリョウ(千両)、マンリョウ(万両)は、よく知られています。
それ以外は・・・
百両(カラタチバナ)、拾両(ヤブコウジ)、一両(アリドオシ)だそうです。

大変な、一日でした。
これだけ苦労した掛かり木も、始めてです。
まだまだ、作業は始まったばかり。
皆さん、宜しくお願いします。
(第220話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-12-04 10:27 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

11月30日(日)
西尾市平原町での間伐が、予定より早く終了しました。
予定を早め、次のフィールドに移ります。

新フィールドは、旧鳳来町大草地区。鳳来寺山の麓に位置するところです。

「みんなの森」への、行き帰り。設楽町内の軌道敷(線路)跡の道を、よく利用します。
ここ大草地区も、かつては電車が走っていました。
昭和43年に廃線となった、旧豊橋鉄道田口線です。
今回のフィールドは、正にその現場。2つのトンネルが残っています。

軌道敷跡に、車を止めます。
d0105723_10432346.jpg

このトンネル、正式名称は、「大草隧道」。手掘りの跡を見ることができます。
d0105723_10461945.jpg
d0105723_10463560.jpg

トンネルを抜けると、旧三河大草駅のプラットホームが当時のまま残っています。
d0105723_1047069.jpg
d0105723_10471571.jpg

こちらは、鳳来寺山方向のトンネルです。
d0105723_10473131.jpg

今回は、大草トンネルの上一帯を間伐します。
50年生の、比較的手が入った森です。
d0105723_10475892.jpg
樹高があり、苦労しそうです。

案の定、「掛り木」。フェリングレバーを使い、落とします。
d0105723_10482152.jpg
d0105723_10483551.jpg

今年も、登場
5年生になった、「H登くん」。「ウラジロ」に埋もれそうになりながら、ノコを引きます。
d0105723_1049140.jpg
何にでも興味津々の、H登くん。電車も、大好きです。
興味の尽きない、このフィールドに大満足です。
面白い場所です。皆さんも、一度足を運んでみて下さい。

二人の山主さんがいる、今回のフィールド。
木も太く、難儀をしそうです。
怪我の無いよう、慎重に行いたいと思います。
(219話 完了)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-12-01 11:09 | プリティフォレストクラブ