<   2014年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

みんなの森活動日記

4月27日(日)
標高1000mくらい。段戸湖近くの「ヤマザクラ」、満開です。
d0105723_1855331.jpg
「ヤマザクラ」、紅色を帯びた花が、葉と同時に開きます。

間伐時に、コナラの木も伐られていました。
このまま捨てておくには、「もったいない」。d0105723_18553660.jpg
という訳で、このコナラにシイタケの菌を打ちます。
時期としては少し遅い、「菌打ち」。
しかし、同じ時期。2年前に打った、「サーラの森」では大きなシイタケが出ていました。
収穫を、期待します。



今日も、林内の整備をします。
d0105723_1856448.jpgd0105723_18563297.jpg
ここでも、「コシアブラ」が伐られたにも関わらず、新芽をだしています。
自宅に持ち帰り、育ててみることにします。

右「ヤマトリカブト」、左「バイケイソウ」。
d0105723_18571552.jpg
d0105723_18573234.jpg立派に、育っています。
しかし、良く見ると・・・。
バイケイソウが、食害にあっています。
昨年と同様に、シカの餌食になったようです
どのようにしたら、防ぐことが出来るのか?
悩みの種が、増えました。




間伐のおかげで?、ビューポイントが増えました。
d0105723_1943785.jpg
鞍掛山、明神山等の眺望が、はるか彼方に。良い画像が増えそうです。

今日の定点
d0105723_1946492.jpg
前回の赤色、黄色に、少し緑が加わり始めました。

オオカメノキの花
d0105723_18581151.jpg
スイカズラ科ガマズミ属の低木。
葉が虫に喰われることから、別名「ムシカリ」と呼ばれます。

クロモジの若葉
d0105723_185829100.jpg
やわらかな、若葉の緑。
この時期の若葉の緑、身も心も癒されます。

家に持ち帰った、「コシアブラ」。
d0105723_18585184.jpg
自宅の庭で、色々な木々達と一緒に育てます。
その先は・・・、きっと「ゴクリ」。楽しみです。
(第132話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-04-27 19:28 | 穂の国みんなの森(段戸)

企業の森活動日記 ガステックサービス㈱・サーラの森

4月24日(木)
サーラの森での活動。今日は、植樹です。

毎年恒例の、新入社員記念植樹。
今回は、昨年も実施した株主優待券での植樹
そして、プロバスケットボールチーム、浜松・東三河フェニックスによる記念植樹も併せて行います。

現地までのバスの中で、「サーラの森」の概要等を説明。
到着後、最初にフィールドを散策します。d0105723_19412851.jpg
入社間もない新人たち、研修の合間をぬっての参加です。
起伏のある道を、森の様々な情報を聞きながら歩きます。
d0105723_1942917.jpg
「サーラの滝」では、自然を大いに満喫していました。

いよいよ、植樹です。
d0105723_19425521.jpgd0105723_1943826.jpg
森づくりチームの、D珍氏が植樹の「作法?」を説明。
始めての、植樹。皆さん、真剣に聞き入り、そして本番。
ソヨゴ、アオダモ、クヌギ等、10種。90本を植樹します。
慣れない「クワ」を手に、自分の植える場所を真剣に掘ります。
d0105723_19433587.jpg
皆さんが、植えた木。
木々達も、近い再会を願っていると思います。
時間が出来たら会いに来てください、良い笑顔で迎えてくれると思いますよ。

おまけ
森の散策中、大変なことになっていました。
d0105723_19435417.jpg
大きな木が、地際で裂けています。前回、ここを回った時にはありませんでした。
散策路すぐ横、安全のため次回活動日には、「伐ります」。

今朝の、天気予報では・・・
「午後から、東三河山間部では雨が降るでしょう」とのこと。
植樹終了、撤収作業中に、「ポツリ、ポツリ」。
植樹した木に、天からの「散水」。
今日植樹した木々達、立派に育つこととでしょう。
(第131話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-04-24 20:06 | 森づくり支援

みんなの森活動日記

4月23日(水)
今日の土木工事も、力仕事です。

林道から、「みんなの森」への道。ヒノキ林を皆伐する際に作った、作業道です。
そのため、一部山も削りました。削った場所は、月日が流れるうちに徐々に、崩壊しやすいところも出てきました。一昨年、土砂が流れるのを防ぐため、土のうを積みました。
しかし、その土のう袋。安価なものを買ったために、腐食してしまいました。
d0105723_1916553.jpg
そこで今回、耐久性に優れた土のう袋に換えることにしました。d0105723_19164950.jpg
言うは簡単、作業は大変。「大変な」、力仕事になりました。
肌寒く感じる日ですが、一旦作業を始めれば・・・・
滝のような汗、本当に「力」仕事です。






d0105723_19174756.jpgd0105723_1918226.jpg
汗の成果、完成です。
d0105723_19225646.jpg

今日の定点
d0105723_1923575.jpg
前回よりも、益々「黄色」が増えてきました。

春は目を楽しませてくれる、本当に良い季節です。

ミツバツツジ
d0105723_19242074.jpg
ツツジ科ツツジ属
名の通り、枝先に3枚ずつ葉が付きます。

シロモジ
d0105723_19245662.jpgクスノキ科クロモジ属
名前は、クロモジに比べ、樹皮の色が白っぽいためです。
d0105723_19251321.jpg


リョウブの若葉
d0105723_19253544.jpg
リョウブ科リョウブ属
若葉は食用になり、リョウブ飯などにされます。

コシアブラの新芽
d0105723_19255029.jpg
ウコギ科ウコギ属
ウコギ科の木は山菜になるものが多く、この新芽も特有の香味があって食べられます。

林内には間伐の際伐られた、広葉樹がかなりあります。
伐り捨てられていた、「コシアブラ」。からかなり日がたつのに、芽を出していました。
その生命力に、「脱帽」です。
(第130話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-04-23 19:43 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

4月20日(日)
15日・16日に続き、昨日、今日と連日、「みんなの森」通いです。

大雨が降ると、木陰バージョンベンチ前の道は、「川」になってしまいます。
水の勢いは強く、土砂を流してしまいます。
土砂の流出を防ぐため、砂防ダム?を作ります。d0105723_19384695.jpgd0105723_1939287.jpg
砂防ダムの材料は、間伐材と土のう袋。並べて、完成です。

間伐後の林内。枝葉が散乱、見た目も良くありません。
少し、汗を流せば・・・
d0105723_1939201.jpg
見違えるような林内になりました。

今年の夏、「きららの森」をフィールドに、イベントが予定されています。
以前もお連れしましたが、再度来山。フィールド内を、回ります。

その途中、ひときわ目を引きます。
d0105723_19395090.jpg
昨年シカの食害にあった、「バイケイソウ」が群生。元気に育っています。

d0105723_19403518.jpg「源流」の前で、「ハイ・ポーズ」。
この源流を見に、豊橋の小学生50人くらいが来るそうです。







今日の定点
d0105723_19405357.jpg
赤芽吹き」に、少し黄色が加わり始めました。
クロモジやシロモジ等の花が咲き始めました。

段戸湖駐車場横で育っている、「ミツマタ」の花が見ごろです。
d0105723_19411197.jpg
この花、ハチの巣がぶら下がったような形をしています。
枝を3本ずつ分岐するのが、名前の由来です。
樹皮には強い繊維があり、和紙の原料になります。

時折霧雨の降る、寒い一日でした。
慣れない山、お疲れさまでした。
7月の本番までには、良い企画を考えてくださいね。
(第129話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-04-20 19:54 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

4月16日(水)
建築&土木工事が、続いています。

4月2日の活動日には、木陰バージョンのベンチを作りました。
木陰Vは今の時期、昼食を食べているうちに、徐々に寒くなってしまいます。
そのため、陽光バージョンもあります。
しかし、かなりの老朽化。一部、作り直すことにしました。
こんな時、頼りになる青い服のN中さん。退職後身に付けた、木工技術が光ります。d0105723_9272948.jpgd0105723_9302429.jpgd0105723_9304281.jpg

背もたれ部分は、ヒノキの皮をむき見栄えを良くします。

プリフォレ活動でおなじみ、K藤さん。
慣れぬ作業、一生懸命です。





総ヒノキ造り!!(一部?)の、ベンチ&テーブルの完成です。
d0105723_9313515.jpg

もう一脚、新調。まだ使えるベンチは補強し、丈夫にしました。
d0105723_9315522.jpg
後ろ姿に、哀愁???を感じます。しかし、実際は大変元気な、日進市にお住まいのN川さんです。
当会の、山での活動開始時からの、最古参メンバーのお一人です。
「会の活動歴史は彼に聞け」、と言われるくらいです。
几帳面なN川さん、ご自身の、「活動参加日誌」をもれなく付けているそうです。
先週、活動600回を達成した、「みんなの森」の活動。
その中、N川さんは今日で126回目の参加。プリフォレの活動を合わせると、200回を超えるそうです。
N川さん、お疲れ様です。今後も、宜しくお願いします。

林道沿いの、「ブナの大木」。
d0105723_9321733.jpg
d0105723_9333729.jpg葉を出すのに、もう一歩です。

そのブナを横目に、道路補修。
材の搬出が済むまで、本格的な道路補修はお預け。
その間は、通行の妨げになるような場所は、自分たちで補修します。



今日の作業、力仕事でした。
皆さん、お疲れさまでした。
(第128話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-04-17 10:06 | 穂の国みんなの森(段戸)

自然観察案内(森林教室)

4月15日(火)
5月下旬から、豊川市の野外教育活動が始まります。
それを前に、「きららの森」において事前説明会を開催します。
午前中は、観察案内時の要綱等の説明。
午後からは、本番通りの工程を歩きます。

先生方には、当日児童が並ぶように整列していただきました。
d0105723_19135623.jpg
d0105723_19141131.jpg始めて、「きららの森」を訪れる先生も多く、歩く工程をカメラに収めていました。








今の時期明るく、見通しも利きます。
d0105723_19143382.jpg
しかし、本番が始まるころには葉も生い茂り、うっそうとすることを伝えました。
少し歩くと、汗ばむような気候でした。
先生方、お疲れさまでした。

県道33号線、通行止め中です。
d0105723_19144555.jpg

豊橋方面からお越しの皆さん、365号線をご利用ください。
(第127話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-04-15 19:23 | 野外・訪問授業

企業の森活動日記 ガステックサービス㈱・サーラの森

4月10日(木)
今日の、「サーラの森」への行き帰り、設楽町内いたるところで、「桜吹雪」に遭遇しました。
車のフロントガラス越しに、まさに、「吹雪」。「感動」の、光景でした。

標高800mに位置する、「サーラの森」も、めっきり春らしくなりました。
花も、咲き始めました。

タムシバ
d0105723_927742.jpg
モクレン科モクレン属の小高木です。
枝を折ると強い芳香がし、ニオイコブシの別名があります。

クロモジ
d0105723_9272393.jpg
クスノキ科クロモジ属の低木。
香りが良いので、この枝を和菓子の楊枝に用います。
このほかに、シキミ、ミツバツツジ等が、花を咲かせていました。

獣害防止ネットを張り、植樹地域を増やします。d0105723_936021.jpg
次回、4月24日(木)に新入社員の皆さんや、株主さんの植樹があります。
今までのフィールドが一杯になったため、新たに作る事にしました。
d0105723_933347.jpg
以前は無造作に植樹していました。しかし、これではシカやその仲間たちに、「エサ」を与えているようなものです。
そのため、ネットを張るようにしました。

入社2年目の新メンバー、R恵さん。d0105723_9331941.jpg
昨年、自分が植樹した木と、久々の対面。
感動の、「対面」です。
思わず、「スマホ」。
同期の仲間が植えた木も、「スマホ」していました。




道下の、フィールド。
昨年、活動終盤にツル切りを行いましたが、一部残った場所がありました。
d0105723_9335581.jpg
まさに、「ブッシュ」。痛くて、前に進めません。
葉が出る前に、「やっつけます」。

昨年は、雨合羽を着ることなく、作業が出来ました。
今年度、今日で3回目。まだ、合羽未装着。
去年のようなら、「良いな」と勝手に思っています。
(第126話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-04-11 09:50 | 森づくり支援

みんなの森活動日記

4月9日(水)
今日の活動、何と600回目です。
平成13年6月7日、「みんなの森」での活動がスタートしました。
何も分からない、手探り状態の活動初期。様々な出来事がありました。
以来、色々な事を学び、また経験し、少しずつステップアップしてきました。
そして本日、活動600回を達成しました。
多くの皆さんに支えられての、600回。誇れる600回です。
心より、お礼申し上げます。本当に、有難うございます。
今後の活動も、皆さんの力なしでは出来ません。引き続き、宜しくお願いします。

活動当初、丸裸だったフィールド。

ビフォー
d0105723_18414713.jpg

アフター(H25年8月7日撮影)
d0105723_1021155.jpg
今日の定点
d0105723_18451227.jpg
立派に成長した森。しかし、まだまだ発育途上。
昨年、この森を調査し、およそ1万本ある木のうち、胸高直径10㎝以上が270本くらいある事を、確認しました。
大きくなっていくのが、目に見えるようです。
久しく訪れていない、皆さん。
まだ一度も訪れたことのない、皆さん。
たまにはのんびりと、木々達と触れ合いに来てください。
別天地、寿命が延びますよ。

今日の活動。
間伐が終わり、危険な所が何箇所か出来ました。

林道から、みんなの森への分岐点。
d0105723_1846197.jpg

危険回避のためのロープ張り及び、雨天時の水はけが良くなるようしました。
d0105723_18464719.jpg
d0105723_1847540.jpgd0105723_18472158.jpg
少し動くと汗ばむような中での、作業でした。
皆さん、お疲れさまでした。
(第125話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2014-04-09 19:00 | 穂の国みんなの森(段戸)

プリティフォレストクラブ活動日記

4月6日(日)
「春のシイタケ菌打ち体験」を、豊橋市嵩山(すせ)町の嵩山山地公園で開催しました。
d0105723_178610.jpg
花冷えのなか、厳正な抽選により選ばれた方、30名が菌打ちに挑戦します。
このイベント、毎年大好評です。今回も、百数十名の方に応募いただきました。

駒菌の打ち方、シイタケの育て方、皆さん真剣に聞き入っていました。
d0105723_17125587.jpg
d0105723_179231.jpg
d0105723_1794465.jpg慣れぬ手つきで、ドリルで穴を開けます。
その穴に、シイタケの駒菌を打ち込みます。
おひとり様、お持ち帰り2本のノルマを達成。
来年秋の収穫を楽しみに、皆さん良い笑顔で帰られました。





おまけ
ここ、嵩山山地公園との付き合いも、5年くらいになります。
しかし、何時もタイミングが悪く、「サクラの花」と出会うことがありませんでした。
d0105723_17102085.jpg
今回は、満開は過ぎていましたが、美しい花を見ることが出来ました。

今日の参加者の方に、「これ何」と、一番聞かれました。
今の時期、道すがら、いたるところで目にします。
何だか分かりますか?
d0105723_17103832.jpg
d0105723_1711491.jpg正解は、「マムシグサ」です。

茎のように見える偽茎と呼ばれる部分が、マムシの模様に見えるところから名が付きました。

皆さん、お疲れさまでした。

今日お持ち帰りいただいた、シイタケのホダ木。


愛情を持って育て、立派なシイタケを収穫してくださいね。
自分で育て、初めて出会う、「シイタケ」。
「感動!!」しますよ。
(第124話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-04-06 17:37 | プリティフォレストクラブ

みんなの森活動日記

4月2日(水)
「みんなの森」での、活動が始りました。

段戸湖の周りでも、春を感じます。
d0105723_985658.jpg
d0105723_992930.jpg
ミズバショウは、すでに春本場です。
周りの木々、マンサクはチラホラ、ミツマタは蕾が少し開きかけ、トチノキはネバネバの蕾を付けていました。

みんなの森への道。
d0105723_9102440.jpgd0105723_9104445.jpg冬の作業で入ったトラックの轍が大きく、車の腹を擦ってしまいます。
道を直しながら、進みます。

木々達との、久々の再会。フィールドを見て回りました。
d0105723_9113372.jpg
d0105723_913497.jpgd0105723_1052286.jpg
d0105723_19184069.jpg

何の芽?
d0105723_9144124.jpg
d0105723_915485.jpg昨年、シカによる食害にあった、「バイケイソウ」。負けずに、芽を出しました。

そして、トリカブトも負けていません。今年も、花を見るのが楽しみです。





今日の定点
d0105723_9154019.jpg
前回の写真と比べ、赤っぽくなっているのが分かりますか?
春先、カエデ類が葉を開く前に赤くなり、「赤芽吹き」と言うそうです。

間伐に伴い、ベンチが撤去されました
このままでは、休憩場所がありません。ベンチを、作ります。d0105723_9162082.jpgd0105723_9164195.jpg
材料は間伐の際、現場事務所で使っていた廃材。
これを利用して、作ります。

作業途中で、昼食の時間です。
今日の昼食、豪華です。
d0105723_9171121.jpgd0105723_917359.jpg
田原市のU飼さんが、採れたての、「牡蠣(かき)」を焼いてご馳走してくれました。
山で味わう、海の幸、最高です。U飼さん、有難うございます。

作業再開。
d0105723_9181248.jpgd0105723_9182781.jpg
d0105723_9185199.jpg
みんなで知恵と、力と、汗を出して作った、憩いのベンチ。完成しました。
ベンチとテーブル、普通と違うところがあります。それは、テーブルのほうが低くなっている所です。
背もたれが付き、ゆっくりくつろげそうです。
本来の活動以外の作業、まだまだ、沢山あります。
皆さん、お疲れさまでした。
(第123話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-04-03 09:24 | 穂の国みんなの森(段戸)