カテゴリ:穂の国みんなの森(段戸)( 191 )

みんなの森活動日記

10月18日(水)
季節外れの、長雨が続いています。

今朝の、段戸湖。
d0105723_09015376.jpg
鮮やかに染まるのは、もう少しです。

梅雨?の、晴れ間。このチャンスを逃さず、今日も元気よく作業を進めます。
d0105723_09021899.jpg
d0105723_09012887.jpg

作業の手を休め周りを見渡すと、鮮やかな「赤」が目に飛び込んできます。
d0105723_09011631.jpg

こちらは、「ミヤマシキミ」です。
d0105723_09014263.jpg

「リスの食卓」
d0105723_09010477.jpg
この時期、あちらこちらで見ることが出来ます。

この森の特徴?ですが、紅葉・黄葉が始まる前に、必要以上に「落葉」が進みます。散策道や林床は、色づく前の葉に覆われます。

久々の、今日の定点。
d0105723_09020656.jpg
過日通過した台風18号に、かなり痛めつけられました。しかし、元気を取り戻した森は、色づき始めました。

列島に魔の手を伸ばそうとしている、「台風21号」。そのコースによっては、紅葉を見ることなく台無しにしてしまいます。大きくコースが変わることを、祈るのみです。
(第545話 完)

by 渓


[PR]
by honokuni1997 | 2017-10-19 09:05 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

9月20日(水)
すっかり恒例?となった、散策道の整備及び拡幅作業。作業の手順も呑みこみ、順調に進んでいます。
d0105723_16482250.jpg

作業が順調?なのは、私たちだけではありません。「奴ら」も張り切って、「荒らしています」。
d0105723_16473934.jpg
フィールド内外は、彼らによる「ラッセル痕(イノシシが餌を探すために掘り返した痕)」だらけです。

これまた、迷惑極まりない奴らが、久々に顔を出しました。この数年、見かけることなく安心していたのですが・・・
その、奴らとは「スズメバチ」です。被害にあってからでは、遅すぎます。「サーラの森」でおなじみの、「ハチトラップ」を仕掛けます。
d0105723_16474931.jpg

今日の、作業以外の大事な仕事。10月3日には、恒例の「漁民の森」活動が行われます。
d0105723_16481362.jpg
それを前に、中部森林管理局愛知所の職員と下見を行いました。

唐突に、・・・通行止めのお知らせ(豊橋方面から、お越しの皆さん)
今朝、通学?途中に、目にしました。「みんなの森」への、最重要道路。県道365号、段戸裏谷・三都橋線、9月25日(月)から10月18日(水)まで、通行止め(午前8時30分~17時・日曜日除く)になるようです。
d0105723_16480202.jpg
工事個所は、五号橋から上です。迂回路は、県道33号線になります。ご注意ください。

おまけ
これ、またまた、今朝の通学途中の出来事です。サルの群れに、出くわしました。
d0105723_16472522.jpg
敵も「さる?」もの、「まったり」としていました。

恒例とも言える、「通行止め」。しかし、遠回りは・・・、往復で、20㎞程遠回りをすることになります。工事完了が予定通りになることを、「祈ります」。
(第538話 完)

by 渓



[PR]
by honokuni1997 | 2017-09-20 16:46 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

8月30日(水)
残暑厳しき下界ですが、ここでは吹く風に「秋」を感じます。

昨日の「サーラの森」以上に、ここ「みんなの森」に吹く風に「冷」を感じるようになりました。木陰でじっとしていると、「風邪、ひいちゃう」と思えるくらいです。

そんな中、フィールド内を縦横に走る散策道の、道幅が狭く歩きにくい場所を拡幅します。
d0105723_08441599.jpg
d0105723_08442654.jpg

不便を感じながらも、なかなか重い腰が上がらず、伸ばし伸ばしになっていた作業です。当会メンバーが得意?とする、土木作業。この際です、フィールド全体を確認しながら作業を進めます。
d0105723_08444185.jpg
d0105723_08445397.jpg

「冷」を感じつつも、全身運動とも言える「土木作業」。今日も、しっかり「汗」をかきました。
皆さん、お疲れさまでした。
(第534話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-08-31 08:47 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

8月16日(水)
朝から雨が、降り続いています。予報では、昼近くから上がるようです。それを期待しながら、作業を始めます。

雨の中での今日の作業は、伸び放題になっている天敵、「夏草」退治です。
d0105723_07590401.jpg

雨も、何のその。元気に育っている「仲間たち」は、まさに「緑のトンネル」です。
d0105723_07585246.jpg

今の時期、雨合羽を着込んでの作業で一番厄介なのは、「汗」。雨に濡れる以上に、合羽の中は「汗でぐっしょり」です。
汗は「いっぱい」かきましたが、きれいに除草が完了しました。
d0105723_07591963.jpg

県道365号線を走っていると・・・、昨年までは目にしなかった光景が、飛び込んできます。この付近での間伐が終了し、周りが明るくなったおかげかも知れません。

「ウバユリ」が、群生とまではいきませんが、それに近いくらいに沢山育っています。
d0105723_07584042.jpg
ユリ科ウバユリ属の多年草で、ユリに似た花をつけますが、葉は大きく異なります。名の由来は、花が満開になる頃には葉が枯れてくる事が多いため、歯(葉)のない「姥(ウバ)」にたとえたと言われています。

車から降り、「ウバユリ」に近づくと、すごくいい匂いが漂っています。こんなに良い匂いなのに「ウバ?」、もう少しいい名前が付けば・・・
(第530話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-08-17 08:01 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

8月5日(土)
前回、終盤に雨が降り出し調査を中断しました。今日も朝方に雨が降り、少し心配しましたが調査はできそうです。
恒例の最終調査パッチ、「西-D-2」。まさに、作業小屋と隣接した場所にあります。
d0105723_17080932.jpg
d0105723_17082164.jpg
しかし、急峻なため調査には苦労します。

そんな調査も、やっと終了しました。調査結果の、速報です。
d0105723_17075686.jpg

この調査には、管理目標を定めています。
その一部をご紹介します。
長期目標
・自然林の極相を人工的に実現し、100~200年の短期間で安定した森林を造る。
・「きららの森」原生林をモデルにすることにより、原生林的植生を持った森林の面積拡大を実現する。
・原生林のバッファーゾーン的役割を果たせる森林にする。
短期目標
・極相林の樹種構成を持った広葉樹林を造成する。
・豊川(とよがわ)の水源地としての位置を明確に打ち出し、広く流域市民に知ってもらう。

モデルパッチで調査している樹種数は、60種類くらいです。
平均樹高は5mを超え、いずれのパッチも林冠はほぼ閉鎖された状態になっており、下層の草本類の減少が見られます。
また、樹木間の競争が激しくなり、枯死する個体。シカ等による食害もフィールド全体で見受けられます。

各モデルパッチの中で、一番背の高い樹。
北-A-7 ヤマザクラ 7.9m
北-C-10 エゴノキ 8.0m
東-B-21 イヌシデ 9.8m
東-A-10  エゴノキ 6.7m
東-D-4  エゴノキ 6.8m
東-E-3  アカシデ 10.0m
南-B-11 エゴノキ 10.3m ★
西-D-2  ヤマザクラ 9.2m
この結果、今年の総合チャンピオンは南-B-11、「エゴノキ」君に決定しました。

樹高が10mを越えるものが、現れだしました。「みんなの森の仲間たち」の成長に、「頼もしさ」を感じます。今回の調査も、貴重な資料の1ページになる事と思います。皆さん、本当にお疲れ様でした。

森を見渡すと、あちこちで白く華やいでいます。
d0105723_17073692.jpg
よく見ると、「リョウブの花」です。
d0105723_17074562.jpg
名の由来は諸説ありますが、その一つに花序の形から「竜尾(リュウビ→リョウブ)」が転訛したという説もあります。

本年度の生育調査が、終了しました。これで「首が痛~い」からやっと解放されます
皆さん、お疲れさまでした。暑い日が続きますが、作業は今後も続きます。
引き続き、宜しくお願いします。
(第528話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-08-06 17:10 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

7月26日(水)
本年度の生育調査も、残すところあと1か所となりました。
作業小屋裏に位置する、西-D-2。
d0105723_13362386.jpg
毎年、ここの調査をもって終了となります。

このパッチは急峻なうえ、また樹冠がうっぺいし計測木の先端を確認するのにも一苦労するします。足を踏ん張りながら、慎重に調査を進めます。
d0105723_13364891.jpg
d0105723_13370162.jpg

調査も終盤を迎え、終了の目途が立ち始めたころから、「ポツリ・ポツリ」。しばらくすると、「ザーッ」と雨が降り出しました。データを紙面に記入する関係上、「雨は大敵」。調査用紙を濡らさないように、作業小屋へ避難します。
昼食終了時までには雨は上がりましたが、枝を揺らすと「雨粒」が勢いよく落ちてきます。残念ですが、残りの作業は次回にまわします。

あと少しで完了というところで、本当に残念でした。しかし、調査の日程は予定より早く進んでいます。
メンバーの皆さん、次回も宜しくお願いします。
(第524話 完)

by 渓



[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-28 13:41 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

7月19日(水)
昨年、120年ぶりの開花と話題騒然となった、「スズタケの花」。タケは花を咲かせ、そして枯れると言われています。
しかし、結果としては花は咲いたが「結実」せず、ほとんどは生き延びました。そして、今年は昨年を上回る沢山の花が咲きました。
昨年はいつまでもポツポツと咲いていましたが、今年は一斉に咲き、そして一斉に散りました。その結果?、「きららの森」を含む一帯の林床を占める「スズタケ」が、一斉に枯れだしました。
d0105723_07262348.jpg
d0105723_07263549.jpg
まさに、「すごい事に」の一言に尽きる光景です。この後、過去の記録にのっとると、林床に落ちた実を求め、「ネズミの大発生」が危惧されます。今後の成り行きには、目が離せません。

生育調査。前回、調査のための調査を行いました。これが功を奏し、予想以上に調査が進みました。何と、通常なら1日2パッチを行うのが精一杯ですが、今日は4パッチも「出来ちゃいました」。
d0105723_07264685.jpg
d0105723_07265850.jpg
残すは、あと1パッチ。メンバーの皆さん、引き続き宜しくお願いします。

異常なくらいの「スズタケ」の、枯れ具合。来年は「どうなっちゃうの?」、気がかりです。
(第521話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-20 07:30 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

7月15日(土)
豊橋方面からのメンバーが「みんなの森」の活動に参加するには、県道33号か365号を利用します。路肩崩落や道路損壊の危険性や、道幅が狭く対向車とのすれ違いにも苦労する365号線ですが、無くてはならない重要な道路です。
一方、33号線は365号に比べればほんの少し道幅が広く、山みちに不慣れな人には比較的走りやすい道です。難点は、365号を使うより10㎞ほど遠くなることです。

d0105723_08275477.jpg
そんな33号線ですが、数年来、道路工事による度重なる通行止めに苦しめられてきました。

しかし、やっと裏谷付近の工事がほぼ終了し、見違えるような走りやすい道路になりました。
d0105723_08280689.jpg
d0105723_08282121.jpg

現在、本谷付近で新しい道が作られていて、開通の折にはさらに交通アクセスのよい道になると思います。(祈、早期開通)

33号線はきれいになりましたが「みんなの森」への林道は、相変わらずの人海戦術による道路補修は欠かせません。
d0105723_08274256.jpg

生育調査で苦労するのは「戸籍簿による、本人確認?」、住民票代わりの番号カードが付けてあるのですが風等により取れてしまうものもあります。今日は、調査をスムーズに進めるための「調査の前の調査」、番号確認を行います。
d0105723_08271695.jpg
d0105723_08272924.jpg

本谷付近での工事が終われば、大型バスの通行も可能になるようです。その日を楽しみに、365号線を使っての通学?は続きます。
(第520話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-16 08:29 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

7月12日(水)
本年度の生育調査の、2回目です。
d0105723_07535307.jpg

モデルパッチ内の木には、全て通し番号を付けています。それを、特注?(手製)の計測器で測りますが、簡単に見えますが・・・

樹冠がうっぺいし、樹の先端がよく見えません。離れた場所から確認したり、木をゆすったりして先端を確認します。
d0105723_07540816.jpg
d0105723_07542298.jpg
各パッチには計測を待つ仲間たちが、100本から150本います。上を見上げながら続く作業に、おのずと「首が痛~い」となります。

簡単なようですが、「根気」と「やる気」の無い人には絶対無理な仕事です。午前・午後で2パッチやるのが精一杯。まだまだ、調査は続きます。

午前中、にわかに空が暗くなりなりました。「せめて、このパッチの調査が終了するまで・・・」。幸いなことに、午後の調査が終了するまで「雨」に降られることはありませんでした。(やれやれ)
(第519話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-13 08:14 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

7月5日(水)
一部地域に甚大な被害をもたらした、台風3号。被災者の皆様には申し訳ないのですが、この地方では「いつの間にか通過してしまった」台風でした。

7月に入り「みんなの森」では、恒例の活動が始まります。今日は、その1回目と張り切っていたのですが、朝方まで降っていた雨が邪魔をしました。
その恒例の活動とは、「みんなの森」には8ヵ所、モデルパッチを設けています。そこに育つ仲間たち全ての、樹高・胸高直径を計測する生育調査です。

データを記入する関係上、葉っぱの上の雨粒が落ちてくる条件では調査はできません。午前中は前回の続き、「架橋」工事?を行います。
d0105723_07011205.jpg

背負子で材料を運び、作業に入ります。踏み板を丁寧に並べ、ビス止めします。
d0105723_07012805.jpg
d0105723_07014015.jpg

ほぼ完成というところで、肝心のビスが無くなってしまいました。続きは、次回行います。
d0105723_07015157.jpg

午後からは、待望?の生育調査を行います。
d0105723_07020366.jpg

平成13年以降、全パッチに生育している本数を記録してきた結果、10,000本以上ありました。全てを毎年把握するのは困難なため、17年よりモデルパッチ内の毎木調査を行っています。

今日は、1パッチの調査を行いました。まだまだ、調査は続きます。
多くの皆さんの「ヘルプ」が必要です。宜しくお願いします。
(第516話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-06 07:03 | 穂の国みんなの森(段戸)