プリティフォレストクラブの活動~竹林整備~

平成21年4月19日(日)

d0105723_202014100.jpg毎年恒例、田原市の鵜飼さんの家の竹林整備をしました。
竹林では、竹が伐り倒されていく横で、女性と子供達がタケノコ取りをしました。
今年のタケノコは太く、あちらこちらに顔を出して、早く取ってといわんばかり。
毎年、間伐を重ねていったことで、いいタケノコがとれるようになったそうです。
作業は午前中で切り上げ、鵜飼さんの家の庭に移動し、お楽しみの昼食です。
鵜飼さんご夫婦が、カキやアサリの炭焼きや酒蒸しを用意してくださり、このカキがとっても美味しくて、私は1年分くらい食べてしまったかも。
作手から参加の山本さんは、山菜とシイタケの天ぷらの持って来てくださいました。
庭に咲くきれいな花々を眺めながら、おいしい海の幸、山の幸を食べ、帰りにはお土産までたっぷりいただいて、すっかりご好意に甘えて大満足で帰りました。ごちそうさまでした!

d0105723_20213218.jpgd0105723_14314654.jpg

d0105723_20224876.jpg・・・そういえば、8年くらい前のことだったでしょうか。
鵜飼さんが「昔の渥美半島は水が乏しく貧しい土地だったが、今は奥三河から流れる豊川の水を引っぱってきたおかげで豊かに潤っている。ここに住む者として、山に何かお返しをしたいのだ」と話してくださったことを思い出しました。
そういう動機で活動をずっと続けていらっしゃる鵜飼さんは、本当に偉い方だなぁと思います。
[PR]
by honokuni1997 | 2009-04-29 20:51 | プリティフォレストクラブ
<< 穂の国みんなの森に間伐材を運びました 「穂の国みんなの森」9年目の活動開始 >>