東三河自然探索入門 第1回:弓張山系・豊川編

平成20年10月5日(日)
「東三河自然環境ネット」(穂の国森づくりの会、東三河懇話会、東三河自然観察会、豊橋うみがめクラブ、愛知大学、愛知県自然環境課、豊橋市環境保全課)は、環境省の支援を受けて、今後3年間、生物多様性の保全・再生に関する活動をしていきます。
今回はその第一歩、「東三河自然探索入門 第1回:弓張山系・豊川(とよがわ)編」でした。

d0105723_16393496.jpg◎葦毛湿原
「目に見えている湿原だけでなく、山全体が湿原。」「手を入れることで復元も可能。みんなに知ってもらうことで、保全されている。」と保護の会の岩瀬さん。植生回復のため、ササなどの除去を行っている区画もありました。
シラタマホシクサが一面に咲く景色は特に美しくて感激しました。
d0105723_16463785.jpg◎石巻山
意外でしたが、石巻山頂でも鳥の渡りを見ることができます。東三河野鳥同好会の稲田さんから説明を受けました。サシバ、ハチクマ、ノスリ、ツミといったタカの今年の渡りは、2日前がピーク。これらは伊良湖岬を渡っていくルートの大陸グループで、同じ種でも内陸を飛ぶグループもあるそうです。
d0105723_1647195.jpg◎旗頭山
不思議な場所です。この山だけ木が少ない。
原因は、蛇紋岩という地質。木はなかなか育たないかもしれないけど、このやせた土地で頑張って生きている貴重な植物が多いのです。
高さ100m程の小さな山ですが、山頂からの眺めは見晴らしが良く、すばらしい。ここに古墳を築こう思った人達の気持ちがわかりますね。

d0105723_1582062.jpg◎豊川
東三河自然観察会の梶野さんの案内で、河川敷を歩きました。まず驚いたのは、そこが民有地であり、道や畑まであるということ。
そして、虫も多いし、土壌もいい、鳥も鳴いている。河畔林はエノキとムクノキが多いと思っていましたが、意外にシイが目立っていました。
何匹もの蚊に刺されながら、生物の豊富さを実感しました♪
[PR]
by honokuni1997 | 2008-10-10 16:50 | 東三河自然環境ネット
<< 第32回穂の国森のセミナー 穂の国みんなの森でトリカブトが... >>