みんなの森活動日記

7月19日(水)
昨年、120年ぶりの開花と話題騒然となった、「スズタケの花」。タケは花を咲かせ、そして枯れると言われています。
しかし、結果としては花は咲いたが「結実」せず、ほとんどは生き延びました。そして、今年は昨年を上回る沢山の花が咲きました。
昨年はいつまでもポツポツと咲いていましたが、今年は一斉に咲き、そして一斉に散りました。その結果?、「きららの森」を含む一帯の林床を占める「スズタケ」が、一斉に枯れだしました。
d0105723_07262348.jpg
d0105723_07263549.jpg
まさに、「すごい事に」の一言に尽きる光景です。この後、過去の記録にのっとると、林床に落ちた実を求め、「ネズミの大発生」が危惧されます。今後の成り行きには、目が離せません。

生育調査。前回、調査のための調査を行いました。これが功を奏し、予想以上に調査が進みました。何と、通常なら1日2パッチを行うのが精一杯ですが、今日は4パッチも「出来ちゃいました」。
d0105723_07264685.jpg
d0105723_07265850.jpg
残すは、あと1パッチ。メンバーの皆さん、引き続き宜しくお願いします。

異常なくらいの「スズタケ」の、枯れ具合。来年は「どうなっちゃうの?」、気がかりです。
(第521話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-07-20 07:30 | 穂の国みんなの森(段戸)
<< 企業の森活動日記 ガステック... みんなの森活動日記 >>