プリティフォレストクラブ活動日記

2月1日(水)
馬の背のような尾根に立つと、吹き抜ける風は冷たいのを通り越し、肌に突き刺さるような痛さを感じます。
d0105723_08464245.jpg
その尾根道の右側が作業を終えたフィールド。前回からは左側のフィールドで、活動を行っています。

尾根であんなに吹いていた風も、一歩下がるとほとんど感じません。
d0105723_08465721.jpg
右側フィールドの谷底から吹きあがった風は、そのまま何処へ・・・

今回も木馬道(きんまみち)に関する話題を一つ。
木馬道の周囲を良く見ると、所々に石垣のあるくぼみを見ることができます。スギやヒノキを植える前、この場所で「炭」を焼いていた証です。
d0105723_08472286.jpg
炭焼き窯跡です。炭を運ぶのに重宝した道でもあったことでしょう。

一方、沢の向こうには棚田跡が広がっています。
d0105723_08470930.jpg
ここでも他の地と同じように、田んぼの跡に植林が行われました。

本当に寒い(冷たい)一日でした。昼食の時間はわずか10分、食べ終わるとすぐに作業開始。今日も寒い中、汗を流しました。
(第463話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2017-02-02 09:00 | プリティフォレストクラブ
<< はじめての森づくり体験講座 プリティフォレストクラブ活動日記 >>