プリティフォレストクラブ活動日記

1月25日(水)
早朝、山々に銃声がこだまします。狩猟時期も、真っ盛り。ハンターと出会う機会も増えてきます。しかし、彼らの目標はあくまでも、「獲物」。チェンソーの音が鳴り出すと、愛犬とともに別の場所に移動します。でも、気は抜けません。「撃たれないように」、こちらの存在を明確にします。

今日も、活動日よりに恵まれました。
d0105723_09100036.jpg

昨夜はかなり冷え込んだようです。沢から流れ落ちる飛沫が凍りつき、奇妙なオブジェを作りだしました。
d0105723_09101296.jpg

作業も随分進みました。
d0105723_09094710.jpg

谷底から間伐の終わった所を眺めると、林床まで陽が差し込んでいるのが良く分かります。
d0105723_09102670.jpg

おまけ
森をよく観察すると・・・、新たな、発見。
先人達の苦労が偲ばれる、かつての「木馬(きんま)道」です。
d0105723_09093410.jpg
修羅(しゅら・木ぞり)を使い木材を搬出した道です。

冬の、山での心がけの一つ。猟師の皆さんに「鉄砲」で撃たれないように、できるだけ「派手」な色の上着で存在感を示します。
(第461話 完)

by 渓

[PR]
by honokuni1997 | 2017-01-26 09:17 | プリティフォレストクラブ
<< プリティフォレストクラブ活動日記 プリティフォレストクラブ活動日記 >>