プリティフォレストクラブ活動日記

2月6日(土)
しっかりと枝打ちを施し、大切に育てた「木・森」。

山主さんが沢山いる山では、その人の名を付け分かり易くしています。
ここ、K藤山はK藤さんが若いころから丹精込めて、手入れを行ってきました。
一枚、約2反(0.2ha)の割山ですが、周りの山と比べても違いは歴然です。
そのため、作業効率も抜群です。

立っているだけでも大変な、急峻な場所での間伐。でも、手は抜きません。
伐採、枝・玉伐り、等高線に沿っての、整理整頓。基本通りに行います。
d0105723_8403758.jpg
d0105723_840519.jpg
d0105723_841457.jpg
d0105723_8411547.jpg

6つ目の「K藤山」、完成です。
d0105723_8413229.jpg
中途半端な伐り株もついでに伐倒し、「すっきり」しました。

来た時よりも帰りの方が、荷物が増えています。
d0105723_8415592.jpg
山には、「お宝」がごろごろ。(但し、見る人が見ると。興味がなければ、ただのゴミです)。
山主さんの許可を得て、持ち帰ります。
「欲?」が、人のパワーを生みだします。(でも、やっぱり「重~い」)

今回の、「お宝」。内緒でお知らせします。
周りは朽ち果て、最後に残った「マツ」の芯の部分です。お盆のときに使う、「松明(たいまつ)」です。
(第350話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2016-02-07 08:52 | プリティフォレストクラブ
<< プリティフォレストクラブ活動日記 プリティフォレストクラブ活動日記 >>