プリティフォレストクラブ活動日記

2月15日(日)
この山は以前、畑でした。山村独特の、段々畑です。
山を歩いてみると、所々で「名残」を見ることができます。
この石垣も、その一部。
d0105723_918292.jpg
急な斜面を避けるようにして、石垣を築いています。
d0105723_9202426.jpg
先人の苦労を真近で感じることができます。

渓流付近の作業も、順調に進んでいます。
d0105723_922263.jpg

が、手のついていない所は・・・、例により、例の「奴ら」が。
d0105723_922760.jpg
我がもの顔で、のさばっています。

渓流の向こう岸は、山主さんがちがいます。
この渓流一本で被害を逃れていますが・・・
モウソウチクが侵入し、大変な状況になっています。
d0105723_9225146.jpg
手筒花火で使うのには最適の「まん丸」ですが、森にとっては迷惑な連中です。

段々畑に、木を植える。
必要に迫られてのことでしょうが、どんな思いで植えたのでしょうか?
(第237話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2015-02-16 09:36 | プリティフォレストクラブ
<< プリティフォレストクラブ活動日記 プリティフォレストクラブ活動日... >>