プリティフォレストクラブ活動日記

12月3日(水)
のどかな風景が広がる、旧鳳来町大草地区。
d0105723_9531388.jpg
d0105723_953281.jpg
その風景とは裏腹に、今日の作業は「過酷」です。

この森には、80年生の先代木があります。
d0105723_9541969.jpg
山主さんの依頼で、数本伐倒します。

樹高25m超、胸高直径50c超。手強い相手です。
倒すこと自体は問題ではないのですが、通常倒れる方向には・・・
農器具小屋や、電線があります。こちらに倒したら、一大事。
チルホール(手動ウインチ)や滑車を使い、慎重に作業を進めます。d0105723_9552898.jpgd0105723_9554571.jpgd0105723_95623.jpgd0105723_104412.jpg
トンネル方向に倒します。
d0105723_1025726.jpgd0105723_1031776.jpg
山側に倒す場合、隣の太い枝が邪魔をします。d0105723_10122978.jpgd0105723_10124257.jpg
d0105723_101308.jpg
掛かり木に手こずりながらも、何とか作業を終えることが出来ました。

殺伐とした冬の林内にも時折、鮮やかな色を見ることが出来ます。

フユイチゴ
d0105723_10131993.jpg

センリョウ
d0105723_10133579.jpg
センリョウやマンリョウは、よく目にします。
これらに「アリドオシ」を加え、正月の縁起物(千両万両有り通し)として寄せ植えを作る地方もあるそうです。
同じアカネ科で、そのアリドオシに葉や花が似ているところから、名が付いたそうです。

ツルアリドオシ
d0105723_10135081.jpg

雑学の受け売り
センリョウ(千両)、マンリョウ(万両)は、よく知られています。
それ以外は・・・
百両(カラタチバナ)、拾両(ヤブコウジ)、一両(アリドオシ)だそうです。

大変な、一日でした。
これだけ苦労した掛かり木も、始めてです。
まだまだ、作業は始まったばかり。
皆さん、宜しくお願いします。
(第220話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-12-04 10:27 | プリティフォレストクラブ
<< プリティフォレストクラブ活動日記 プリティフォレストクラブ活動日記 >>