プリティフォレストクラブ活動日記&訪問授業

2月26日(水)
山主のT中さん、シイタケを栽培しています。
d0105723_10432286.jpg
d0105723_10434046.jpgすごい数の、ホダ木が並んでいます。
これだけのホダ木、山から出すのだけでも大変です。
しかし、今カシノナガキクイムシによりホダ木となる、「コナラ」が被害を受けています。
今後が、心配です。




立派に育った、ヒノキ。
d0105723_1044780.jpg
しかし、良く見ると枯れています。d0105723_10444715.jpg人の手が、入らなくなった山。
色々な弊害が、見受けられます。
道をふさぐ、倒木。
玉伐り、道の横に整理し、前に進みます。





今回も、ブログ登場。
d0105723_1045142.jpg活動参加最高齢者、M田さんです
花粉症の季節、このM田さんのエピソードを一つ。
以前、この時期になると必ず、「おい渓さん、花粉症ちゅうのはつらいかん?」、
「わしも、一回なってみたいけどならんわん」と、豪語していました。
しかし、ある年突然、花粉症に・・・


「おい渓さん、花粉症ちゅうのは苦しいのん」、私は内心、「ざまあみろ」。

花粉症、発症するのに年齢は関係ありません(M田さんで、実証済み)。
私は大丈夫と、思っている皆さん。次はあなたの番かも、しれませんよ。

d0105723_10455438.jpg陽だまりで昼食をとるメンバーに後をお願いし、先月と同じように「訪問授業」に出かけます。







小学校訪問授業(一緒に森へ行こう)
新城市立東郷西小学校
この授業、愛知県東三河農林水産事務所管内の小学校で行う場合、東三林務課の職員と一緒に授業を行います。しかし、今日は県新城設楽農水事務所管内。新城林務課と行います。
新城林務課の職員さんによる授業、豪華バージョンです。
d0105723_10503817.jpg
d0105723_10505778.jpgd0105723_10511681.jpgスギ、ヒノキの葉、玉伐した材、チェンソー等を持参、子供たちに分かり易く伝えます。
それにもまして豪華なのは、三名の職員がリレー形式で授業を行います。
子供たちは、真剣な眼差しで見入る一方、内容をメモしていました。

d0105723_10514622.jpg森林の大切な働きの一つ、「水を蓄える機能」の実験も、楽しみならが見てくれました。
授業後の質問タイム、色々な質問が飛び交い、子供たちの真剣さが良く分かりました。
元気で、明るい子供たちでした。
(第111話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-02-27 11:10 | プリティフォレストクラブ
<< みんなの森活動日記 番外編 企業の森活動日記 ガステック... >>