プリティフォレストクラブ活動日記

2月5日(水)
「何ということでしょう。明るく、日が差し込むようになったではありませんか!!」。
某テレビ番組風に表現すれば、こんな感じでは。
ビフォー
d0105723_947784.jpg
アフター
d0105723_9473624.jpg
角度は違いますが、同じ場所です。
「振り向けば、結果が見える」。この言葉、何回も使っています。
でも、これからもきっと使うと思います。1日の作業の疲れが吹き飛ぶ、「風景」です。
先週に続き今日も、ここの山主さんが「陣中見舞い」。
現在、豊川市にお住まいのS田さん。見違える現場に思わず、「にっこり」。
こういった山主さんの笑顔を見ることで、私たちの「やる気」が一段とわきます。

長く放置されていた人工林には、自生の樹木も沢山育っています。
その中でもこの木、ひときわ目を引きます。
d0105723_9483397.jpg
d0105723_9484772.jpgブナ科コナラ属の、「アベマキ」です。
別名 コルククヌギ、ワタクヌギとも言います。
「あばたまき」の意味で、樹皮がコルク層の発達によって、「あばた状」になる様子を意味しているそうです。





共存共栄とは、いかない場合もあります。
ヒノキやスギを育てる、人工林。
彼らの成長を妨げる、自生した大木。
常緑高木は枝を大きく張り、時に日光を独り占めしてしまいます。
d0105723_9502867.jpg
そんな時、やむを得ず伐採することもあります。
今の今まで元気に育っていた、「シラカシ君」。
御免なさい。
(第103話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-02-06 09:56 | プリティフォレストクラブ
<< プリティフォレストクラブ活動日記 プリティフォレストクラブ活動日記 >>