プリティフォレストクラブ活動日記

1月29日(水)
この写真、何だか分かりますか?
d0105723_9565861.jpg
スギの葉についた、雄花と花粉です。
今年の花粉予想では花粉の量は、例年より少ないようですが・・・、症状の軽い、重いにはかなり個人差があります。
花粉症歴40数年の、大ベテランの私(自分の年齢より、歴が長い・・・???)、症状が重かった20数年前から比べれば、かなり楽になりました。
しかし、毎年この時期になると律儀に、かつ否応なしに訪れてくれます。
昨年のように重く垂れ下がるほど花粉は付いていませんが、それなりに付いています。
花粉が舞いだすとマスク、眼鏡等で重装備、かつ外出や会社の外に出るのを控える方が沢山見えます。
私はと言えば、何時も花粉真っ只中に強行突入。まるで、花粉に喧嘩を売っているような事をしています。(そんな日は、自宅に帰ってからが大変です)。
つらい憂鬱な時期が始まりますが今後折に触れ、現地からの花粉情報をお伝えしたいと思います。

天を突き刺すように立つ、枯れ木。
d0105723_9572085.jpg
アカマツの、枯れ木です。
中国では、マツは1000年生きる目出たい縁起の良い木と、言われるそうです。
しかし、常緑樹林帯におけるアカマツ林は、生体遷移で100年ほどで消滅すると言われます。
奥三河の山を見ると、立ち枯れたマツを沢山見かけます。
「松くい虫」の被害も考えられますが、そうでもないようです。
周りの環境によって案外、短命かも・・、ふと思いました。

ここ黄柳野、蛇紋岩のところが点在します。
d0105723_9573493.jpg
フィールド横の山、まさにその場所です。
葉を落とした木々から、その未成長ぶりが窺えます。
(第101話 完)

by 渓
[PR]
by honokuni1997 | 2014-01-30 10:29 | プリティフォレストクラブ
<< プリティフォレストクラブ活動日記 プリティフォレストクラブ活動日記 >>