プリティフォレストクラブ活動日記

1月18日(水)
先日の雪はまだ残っていますが、今日も晴天に恵まれました。
d0105723_09275114.jpg

気温も上がり、風もありません。まさに、活動日和です。
d0105723_09272673.jpg
d0105723_09282402.jpg

現在作業が進むフィールドと、他の人が持つ「お隣」。
境に立ち目を左右に向けるだけで・・・
d0105723_09280243.jpg
d0105723_09273839.jpg
正に、ビフォー・アフターを実感することができます。

おまけ
森の中を見渡すと、思わぬ「芸術」が隠れています。
d0105723_09271326.jpg
この森の歴史を物語っているような、見事な「朽ちかけた伐り株とコケ」のコラボ作品です。

先週、14日(土)は見る見る間に積もる雪のため、作業を中止しました。
一転、今日は風もなく暖かな中、気持ち良く作業が進みました。「ベスト」の日の少ない冬の活動ですが、状況に合わせた安全策を工夫しながら作業は進みます。
(第460話 完)

by 渓
[PR]
# by honokuni1997 | 2017-01-19 09:37 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

1月11日(水)
年が明け、活動初日も晴天に恵まれました。
d0105723_16560717.jpg
今年も安全を第一に心がけ、活動を進めます。

メンバーの精力的な活動により、陽の目を見なかったフィールドも生き生きしてきました。
d0105723_16545217.jpg

伐った後の片付けも、きちんと行います。
d0105723_16555286.jpg

この砂防ダムが、フィールドの最終地点。
d0105723_16553588.jpg
このフィールドでの作業の目途が付き始めました。

今日も、ここの難敵・・・
d0105723_16540704.jpg
「がら場」に何回も足を取られながらも、無事作業が終了しまた。

作業終了後片づけをしていると、雨が「ポツリ、ポツリ」。
あの晴天は、何処に・・・
(第459話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2017-01-11 17:03 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

平成29年1月1日(日)

あけましておめでとうございます
d0105723_11415939.jpg

昨年は大変お世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


新年1回目のプリフォレ活動は、1月11日(水)。引き続き、新城市出沢(すざわ)で行います。
寒い中での活動になりますが、今年も昨年までと同様に、安全を心がけ行っていきたいと思います。
すでに沢山の方から、「参加します」のメールをいただいています。

本年も、「新鮮な話題を、少しでも早く」をモットーに、ブログをアップしていきます。
お付き合いの程、宜しくお願いします。
(第458話 完)

by 渓


[PR]
# by honokuni1997 | 2017-01-01 00:01 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

12月21日(水)
今日はプリフォレ活動の、28年仕事納め。
それにふさわしい「快晴」が、出迎えてくれました。
d0105723_09423733.jpg

作業が進むにつれ、駐車場からの距離が遠くなります。しかし、それも何のその。除伐&間伐、精力的な活動が続いています。
d0105723_09430598.jpg

事あるごとに、皆さんにお伝えすることがあります。それは・・・
仕事は一生懸命やっても、簡単には「結果」に結びつきません。しかし、森での作業は振り向けば簡単に「結果」を見ることができます。
その「結果」を楽しみに、作業は進みます。
d0105723_09433382.jpg

急峻なうえ、がら場のフィールド。作業場所までの距離が遠くなったとはいえ、ショートカットを試みると大変なことが待ち受けています。
がら場に足をとられ、「ズル・ズル~」。危険が、いっぱい。「急がば回れ」、帰りも同じようにトレッキング&登山です。
d0105723_09424934.jpg

おまけ
ナイアガラの滝」から雁峰林道を入ったところに、奇抜な建物が立っています。
うっそうと生い茂る森の中に溶け込むように立つ、かまぼこ状のドラム缶ハウス。
d0105723_09431964.jpg
川の向こうに立つこの家への橋は、朽ち果てたのか?、流されたのか?、すでにありません。
実は、この家。あの「世界のタンゲ」と言われ、日本人建築家として最も早く国内外で活躍した建築家、丹下健三さんの別荘だそうです。
いや、別荘だったと言ったほうが良いかも知れません。川を渡って、近くで見たい気もします。

28年のプリフォレ活動も、無事終了。皆さん、お疲れ様でした。
平成29年、新年1回目の活動は1月11日(水)です。引き続き、宜しくお願いします。

メンバーの皆さん、ブログをご覧の皆さん。今年も、大変お世話になりました。有難うございました。
良い年を、お迎えください。
(第457話 完)

by 渓


[PR]
# by honokuni1997 | 2016-12-22 09:49 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

12月14日(水)
陽の差し込まない、急峻なフィールド。陽が当たっている所と、当たっていない所。
d0105723_08492044.jpg
現場に立つと、「陽」の有難さ(暖かさ)を実感します。

そんな中、間伐は進んでします。
d0105723_08484744.jpg

2haあるフィールドですが、沢を挟んで他の人の「山」が入り込んでいます。間違えないように林床の雑木を除伐しつつ、間伐を間伐をすすめています。
d0105723_08481874.jpg

昼食時、暖かな「陽」の下を求めますが、食べている途中に「陽」は横に、横に・・・。食べ終わる頃には「陽」は、何処に? 
冬のフィールドの、あまり陽が当らない場所での昼食時の一コマです。
(第456話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2016-12-15 08:54 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

12月11日(日)
気温は低く肌寒さを感じますが、風もなく絶好の活動日よりです。
d0105723_08540778.jpg

先ほどまでの青空から、一転。うっそうと生い茂る森の中にに入ると、さらに寒さを感じます。
d0105723_08543670.jpg
しかし、その寒さも作業を始めれば、どこかに飛んで行ってしまいます。今日も寒い中、心地よい汗をかきます。

毎年、冬のプリフォレ活動を待ち焦がれている人が沢山います。
その中の、一人。プリフォレメンバー現役最年長のM田さん、御年83歳になりましたが「ますます、元気です」。
d0105723_08544967.jpg

そんな中、間伐初体験という私の友人K上さんが活動に参加してくれました。ここは師の指導を仰ぐしかない、と言う訳でM田さんとコンビを組み作業を進めます。
d0105723_08524653.jpg

本格的な山仕事は初めての、K上さん。作業を進めるうちに「コツ」をつかみ、「がら場」に足をとられながらも器用にこなしていました。
本人曰く、「明日は全身筋肉痛」。
d0105723_08542003.jpg

足場の悪い山での作業は、まさに全身運動。
皆さんも一度体験してみませんか?
いつでもお越しをお待ち申し上げております。
(第455話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2016-12-12 09:02 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

12月7日(水)
今回のフィールドは、まさに雁峰林道沿いに立地しています。車をすぐ横に停めることができ、非常に便利なのですが・・・
d0105723_08390436.jpg
d0105723_08381574.jpg

急峻な地形に加え砕石が堆積した「がら場」のため、ちょっと気を抜くと「ズルズル~」と滑り落ちてしまいます。
上り下りにも不便なフィールドですが、山主のO田さんが「一工夫」。「みんなの森」で身につけた「技?」を十二分に発揮して、階段を作ってくれました。
d0105723_08375913.jpg

このフィールドは比較的「手」の入った山ですが、林床の雑木が多く見通しを妨げています。間伐の際の安全を確保するため、雑木を除伐します。
d0105723_08383336.jpg

間伐前の林内も、除伐だけでも見違えるようになりました。
d0105723_08384884.jpg

除伐の最中も、「ズルズル~」。何回も、滑り落ちました。伐る前には足をしっかりと「決める」のですが、「敵」の方が一枚上手です。
さらに、さらに安全を心がけ、作業を進めたいと思います。
(第454話 完)

by 渓
[PR]
# by honokuni1997 | 2016-12-08 08:46 | プリティフォレストクラブ

プリティフォレストクラブ活動日記

12月3日(土)
冬のプリティフォレストクラブ(略称・プリフォレ)活動が、いよいよ始まります。

旧鳳来町に隣接する、新城市出沢(すざわ)地区。
d0105723_09185616.jpg

笠網漁で有名な「鮎滝」もありますが、花の木公園の通称「ナイアガラの滝」も見応えがあります。
d0105723_09191233.jpg

今回のフィールドはプリフォレメンバーO田さんの持ち山です。雁峰林道沿にある自宅一帯(見えている所)は、全てO田家の所有だそうです。
d0105723_09184147.jpg
自宅から少し離れている場所で、間伐を行います。

初日の今日は隣地との境を確認しながら、伐採する木を「選木」します。
d0105723_09182387.jpg

急峻な地形で谷底には沢があり、上り下りが大変な活動になりそうです。
d0105723_09192771.jpg

冬のプリフォレ活動の定番、「間伐」が始まります。例年同様細心の注意を図り、怪我のないように進めたいと思います。皆さん、宜しくお願いします。
(第453話 完)

by 渓




[PR]
# by honokuni1997 | 2016-12-04 09:27 | プリティフォレストクラブ

みんなの森活動日記

11月30日(水)
先週の「サーラの森」に続き、ここ「みんなの森」での活動も、今日が今期最終日。
長く寒い「冬」の到来です。

今朝の、段戸湖。
木々たちはすっかり葉を落とし、冬に備えています。
d0105723_08525400.jpg

そんな湖面には、氷が張り始めました。
d0105723_08532367.jpg

一年間お世話になった道具たちとも、しばしの別れ。心をこめ、「メンテナンス」を行います。
d0105723_08523558.jpg

ついでに、小屋周りのササも刈ります。
d0105723_08521720.jpg

その後、来期の構想を練りながら、葉が落ちて見通しが利くようになったフィールドを周ります。
d0105723_08505499.jpg

今日の定点
d0105723_08530893.jpg
ここからの眺めも来年3月まで、しばしの別れ。長く寒い冬も、山にとっては人が訪れることのない安息の時。しっかり休んでもらって、来期も元気に再会したいと思います。

おまけ
周りの木々が葉を落としたなか、白い色がひときわ目を引きます。
d0105723_08511789.jpg
段戸湖駐車場脇の、「ミツマタ」。寒い冬をハチの巣のような形の蕾で越し、来春「花」を咲かせます。

今年も「みんなの森」での活動が、無事終了しました。皆さん、お疲れ様でした。
また、有難うございました。来期も宜しくお願いします。
今週、12月3日(土)からはプリティフォレストクラブ冬の活動がいよいよ始まります。
今年のフィールドは新城市出沢(すざわ)にある、メンバーのO田さんの持ち山での間伐を行います。皆さん、引き続き宜しくお願いします。

さあ、明日はメンバーとの「ワイワイ・ガヤガヤ 楽しい忘年会」。今期のプリフォレ活動の「夢」を語りながら、楽しみます。
(第452話 完)

by 渓
[PR]
# by honokuni1997 | 2016-12-01 09:04 | 穂の国みんなの森(段戸)

企業の森活動日記 ガステックサービス㈱・サーラの森

11月24日(木)
今期の活動も、今日が最終日です。

「サーラの森」到着時、小雨が降っています。
d0105723_08554773.jpg

そんな中、恒例の「越冬女王蜂捕獲大作戦」用のトラップを仕掛け、来期早々の「越冬しちゃった女王蜂捕獲大作戦」に備えます。
d0105723_08552980.jpg
過去、この作戦により「サーラの森」の天敵の一つ、「オオスズメバチ」や他のハチたちも激減しました。今回も効果を期待したいと思います。

昨日の「みんなの森」同様、この森も落葉が進みました。木々には紅葉が終わった枯れ葉が落ちるのを待っています。
d0105723_08560528.jpg

その木々の下には、モザイク模様の絨毯が広がっています。
d0105723_08564681.jpg

道下(みちした)フィールドでは落葉が終わり、まさに「丸裸状態」です。
d0105723_08562371.jpg

獣害防止ネットを補修しつつ、来期の構想を練りながら歩いていると、「すごーい」事が目に入りました。前回の活動日に地産地消を正に実践しながら味わった、「シイタケ」。今日は今までにない量を、収穫しました。
d0105723_08551485.jpg
メンバーが会社に持ち帰る「収穫物」。みんなに「おすそわけ」するそうです。

今期も怪我をする人もなく、全日程を無事終了することが出来ました。
今期の活動で特筆できることは、新たな試みであるメンバー制ではなく、その都度の希望参加になったことです。当初、戸惑いもありましたが、結果としては思った以上に作業効率が上がりました。
また、念願であった「空」からフィールドを眺めました。神野建設さんのご協力により、春と秋に2回ドローンを使って上空から撮影をすることが出来ました。今後の活動の貴重な資料となるものです。大切に使わせて頂きます。
来年3月の活動再開を、今から待ち遠しく思います。

活動に参加された皆さん、大変お疲れさまでした。また、有難うございました。
来期も、宜しくお願いします。
さあ、今夜は今期の活動を振り返りながらの、楽しい「慰労会」。
こちらの方も、「頑張ります」。
(第451話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2016-11-25 09:05 | 森づくり支援