企業の森活動日記 ガステックサービス㈱・サーラの森

5月23日(火)
季節良し、最高の活動日和です。
d0105723_07195375.jpg

ミドリも出そろい、鬱蒼としてきました。
d0105723_07200422.jpg

ハチトラップへ、秘伝?の誘因液を補充します。
d0105723_07185628.jpg
今回も、かなりの成果が上がっています。

前回同様、植栽木がしっかりと植わっているかを確認します。
d0105723_07191002.jpg

午後からは前回の続き、沢沿い整備を行う予定でしたが、最近の少雨により沢が干上がっていて水筋がよく確認できません。
そこで、予定を変更します。

5haもある、「サーラの森」。その「サーラの森」になる前は、ヒノキ林でした。そのヒノキは、経済木として伐採されました。そんな中、幸運?にも伐採を逃れた場所が一部に存在しています。
d0105723_07201740.jpg

ほとんど手つかずで、メンバーでもこの場所が「サーラの森」と知っているのは、ほんのわずかです。道下フィールド北側のこの場所を、満を持して、開墾?します。
d0105723_07192261.jpg

林床の雑木やササを除去、見違えるようになりました。
d0105723_07194150.jpg

道下フィールドは、以前とは全然違うおもむきになってきました。皆さん、一度見に来ませんか?
森は皆さんのお越しを、待ち望んでいますよ。
(第495話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2017-05-24 07:22 | 森づくり支援

企業の森活動日記 愛知県信用農業協同組合連合会(JA愛知信連)

5月20日(土)
ここ、瀬戸市白岩町の県有林をフィールドに、JA愛知信連さん恒例の森林保全活動を行います。

今日の活動は、東海自然歩道沿いの30年生の森での「除伐」です。

これまた、恒例の森に関することをレクチャー。
d0105723_13261550.jpg
皆さん、真剣に聞き入っています。

事前に林分調査を行い、今回は1割伐を行います。勇気ある?代表者が率先して、伐り方のレクチャーを受けます。
d0105723_13270290.jpg

その後、各班に別れ伐採を行います。
d0105723_13262740.jpg

昼食と束の間の休息により英気を養い、午後からは比較的大径木に挑戦です。
d0105723_13264674.jpg
作業終了時には、皆さん「へとへと」になりながらも作業になれ、心地よい汗を流していました。

今日の活動、県内各地から50数名の皆さんが参加されました。
d0105723_13260310.jpg
皆さん、お疲れさまでした。

皆さん、汗びっしょりになりながらの作業でした。
終了後、「今から、旨い生ビールを飲みに行くぞ~」の掛け声に、皆さん元気に「おぉ~」と呼応していました。
私は一人、心の中で「帰ったら、冷たいビールをいっぱい飲むぞ~」、そうだ「おぉ~」・・・
皆さん、次回の活動は秋です。宜しくお願いします。
(第494話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2017-05-21 13:35 | 森づくり支援

みんなの森活動日記

5月17日(水)
今一つ、すっきりとしない天候が続いています。ここ、「みんなの森」は「寒~い」活動日になりました。

前回運んだ材の、皮むき及び加工を行います。
d0105723_08194185.jpg
d0105723_08195355.jpg
次回はチェンソーを使い、さらに加工します。

散策道補修にあたり加工した材を遠路運ぶより、森の中の間伐残材を運び出したほうがいい場合があります。

すぐ近くとは言え、林床を覆いつくす「スズタケ」の中から運び出すのは大変な作業です。
d0105723_08192762.jpg
タケが目を刺すこともあり、慎重に作業を進めます。

「寒~い」とは言え、「仲間たち」は着実に成長しています。

痛々しさを感じる、作業小屋近くの「ウワミズザクラ」。
d0105723_08183974.jpg
肌は、「ボロボロ」状態です。

しかし、今年も花を咲かせてくれました。
d0105723_08185745.jpg

大きな蕾をつけていた「シャクナゲ」も、立派に咲いてくれました。
d0105723_08191149.jpg

今日の、定点。
d0105723_08200500.jpg
林内は見通しが利かなくなり、薄暗く感じるようになりました。

昼食時、温かなものが欲しくなりました。でも、作業には最適な一日でした。
皆さん、次回も宜しくお願いします。
(第493話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2017-05-18 08:25 | 穂の国みんなの森(段戸)

自然観察案内(森林教室) ガイド練習会

5月15日(月)
今年も豊川市の小学校野外学習が、来週・25日から始まります。それを前に、案内人を務めるメンバーが事前学習会を行います。

昨年の反省点や朝の打合せ事項等、全員共有事項を確認します。
d0105723_09383592.jpg

その後、復習を兼ね解説ポイントを確認しながら回ります。
d0105723_09390320.jpg

この時期、色々な花が目を楽しませてくれます。
シャクナゲ
d0105723_09381491.jpg

今年も子供たちの案内に合わせるように、顔を出してくれました。
銀竜草(ギンリョウソウ)
d0105723_09374528.jpg

盗掘を逃れるように、ひっそりと咲いています。
イチヨウラン
d0105723_09373114.jpg

おまけ
林床の「ミズナラの稚樹」に、何やら目玉のようなものがついています。
d0105723_09384979.jpg
虫こぶ(虫えい)です。アブラムシやハチなどの昆虫が、卵を産み付けたり寄生したりしてふくれたものです。

今年も、5月25日(木)の代田小学校を始めに、森林教室が始まります。
最終は、9月28日(水)の小坂井東小学校です。
皆さん、長丁場になりますが、宜しくお願いします。
(第492話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2017-05-16 09:46

企業の森活動日記 ガステックサービス㈱・サーラの森

5月11日(木)
ここ、「サーラの森」も新緑が目に優しい、最高のシーズンを迎えました。
d0105723_08211875.jpg

林床に育つ稚樹たちの多くは、通常では草に埋もれ、やがて刈払い機で刈られる運命にあります。そんな稚樹たちを保護し、苗木として使おうと昨年から作業を始めました。採取した稚樹は苗ポットに入れ、苗畑に移植します。
d0105723_08220204.jpg
そんな、保護された連中も元気に目覚めました。

今日の作業は、先日行った新入社員により植樹したものがしっかりと植わっているかを確認します。
d0105723_08210524.jpg

やはり・・・、植え方等をしっかりとレクチャーしたつもりでしたが、植え方があまく倒れているものが「結構」あります。
そんな中、一つの異変が・・・
植栽木の一部に上部をナイフで切ったようなものが、何本もあります。
d0105723_08200935.jpg
このように「スパッと」切った痕跡から、犯人は鋭い歯を持つ「ウサギ」です。

植栽木の修復を終え新緑の中を歩いていると、満開の花が咲き誇っています。
小さな白花をブラシ状につける、これでもれっきとした「サクラ」の仲間です。
ウワミズザクラ
d0105723_08203300.jpg

樹皮が緑色に黒の縞模様が入り、「ウリ」のようなところからその名の由来となった、
ウリハダカエデ
d0105723_08202166.jpg

午後からの作業は、道下での沢整備。
以前、「サーラの森」の源流下の沢を整備しました。今回は、今まで周りはブッシュ状で一切手の入っていなかった、南側の隣地との間を流れる沢を「意を決し?」行います。過去一度も手が入らず、荒れに荒れています。
d0105723_08213171.jpg

沢沿いの除伐も同時に進めながら、まだまだ作業は続きます。
d0105723_08214783.jpg

斜面での作業に慣れ親しんでいる私は別として、デスクワーク中心のメンバーにはかなりきつい作業となりました。
しかし、作業を進め後ろを振り向くと、その「結果」が即座に分かります。
皆さん、疲れながらも「心地よい汗」に酔いしれて?いました。次回も、宜しくお願いします。
(第491話 完)

by 渓


[PR]
# by honokuni1997 | 2017-05-12 08:30 | 森づくり支援

みんなの森活動日記

4月10日(水)
天候の回復は、もう少し早いと思っていたのですが・・・

今日の段戸湖、2景。
d0105723_07141237.jpg
d0105723_07142567.jpg
目まぐるしく、変わります。湖畔の「ミドリ」も、昨年同時期よりかなり遅れています。

段戸湖駐車場から「みんなの森」への距離は、およそ2㎞です。しかし、この2㎞は「ただ者」ではありません。「寒と暖」を身をもって感じることが多だあります。

その、一つです。
段戸湖畔の「ミドリ」はまだまだですが、「みんなの森」の「ミドリ」は・・・

今日の、定点。
d0105723_07143715.jpg
先週の「もえぎ色」から、一気に「ミドリ」が増えました。

林内も、まばゆいばかりの「新緑」にあふれています。
d0105723_07144755.jpg

そんな中、次回から始める予定の散策道補修用材料を、人海戦術で運搬します。急な斜面を数百メートル、それを何往復もします。
d0105723_07133760.jpg
d0105723_07140214.jpg
さすがに、「疲れます」。

「ミドリ」の進行は予想以上に早く、先週はほんの蕾だった「コシアブラ」も、一挙に大きくなりすぎました。
d0105723_07130024.jpg

おまけ
昨年は、120年ぶり?の「スズタケの花」の開花で話題となりました。そのタケは、花が咲いた後「枯れる」と言われています。
林床のスズタケを見ると、確かに枯れているものもあります。そんな中、立派に蕾をつけているものもかなりあります。
d0105723_07131354.jpg
花をつけたが結実せず、枯れずにまた花を咲かせるようです。結実するまで咲く?、昨年を始めとし、2~3年は群生が見られるです。

「みんなの森の仲間たち」の思いがけない行動に、いつも戸惑いと感激をしつつ接しています。
今日の「ミドリ」には、脱帽しました。
(第490話 完)

by 渓



[PR]
# by honokuni1997 | 2017-05-11 07:27 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

5月3日(水)
県道365号・段戸裏谷の峠近くの、ひときわ大きな「ヤマザクラ」。
d0105723_09090026.jpg
やっと、満開になりました。

陽気に誘われ、山歩きやバードウォッチングを楽しむ人で、段戸湖駐車場は常
に満車です。
d0105723_09091293.jpg

沢沿い整備、最終日。
d0105723_09102879.jpg
水の流れを妨げる枝葉や石を取り除き、スムーズな流れを取り戻しました。

整備をしていると、「こんなに増えているの?」と思わず見渡してしまいます。毎年、シカの食害により丸裸になってしまう、「バイケイソウ」。食害に負けず、いや「負けてたまるか」とばかりに、繁殖しています。

「バイケイソウ」に寄り添うように、「テンナンショウ(マムシグサ)」が育っています。
d0105723_09082390.jpg

今日の、仲間たち。
ブナ
d0105723_09083962.jpg

ミズナラ
d0105723_09085037.jpg

ウスギヨウラク
d0105723_09075846.jpg

スノキ
d0105723_09080866.jpg
若葉を眺め、「目薬」代わり?。本当に、「目」に良いように思います。

今日の、定点。
d0105723_09092895.jpg
まさに、もえぎ色。ここからの眺めも、「目」に良いです。

季節も、最高。皆さんも、たまには山で、「まったり」とした時間を過ごしてみませんか?
「みんなの森」は、皆さんのお越しをお待ちしております。
(第489話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2017-05-04 09:15 | 穂の国みんなの森(段戸)

みんなの森活動日記

4月29日(土)
寒さも、やっと一段落。久々に穏やかな日になりました。今日の作業は、沢の整備を引き続き行います
d0105723_12372910.jpg

沢の水をフィールド中央の休憩所まで引いているのですが・・・、その水源地が、大変なことになっています。土石流に押し流され、見る影もありません。
d0105723_12390768.jpg
しかし、この作業は手慣れたもの、2~3年に1回は必ず起きうる出来事です。

休憩所のホースからは、依然同様の水が出るようになりました

例年と比べ2~3週間遅れている木々たちの成長ですが、遅ればせながらも美しい姿を見せ始めました。

エゴノキ
d0105723_12374809.jpg

クロモジ
d0105723_12380208.jpg

リョウブ
d0105723_12385529.jpg

シキミ
d0105723_12381387.jpg

ミヤマシキミ
d0105723_12383873.jpg

トチノキ
d0105723_12382516.jpg
今の時期、透き通るような葉を見ると、心が「ほっこり」します。

今日の、定点。
d0105723_12392299.jpg
淡いパステルカラーが現れ始めました。

遅れに遅れている、多くの芽吹きです。「コシアブラ」も、やっと目覚めた程度です。
例年なら新緑に覆われ見通しが利かなくなるフィールドも、まだ東の斜面が見えます。
(第488話 完)

by 渓

[PR]
# by honokuni1997 | 2017-04-30 12:45 | プリティフォレストクラブ

自然観察案内(森林教室) 現地説明会

4月26日(水)
昨日の天気予報によると、山間部では朝方から終日「雨」。さて、どうなることやら・・・

5月下旬から、豊川市の小学校野外教育活動が始まります。それを前に、「きららの森」において現地説明会を開催します。

午前中は、観察案内時の要綱等の説明。
d0105723_09374580.jpg

昼食を終えるころから、「ポツリ・ポツリ」と、いやな物?が・・・
先生方が屋根付き広場に集まるころには、大粒な雨が本格的に振り出しました。こんな時には時間稼ぎを兼ねた、裏技を使います。通常の案内の際現場で行う、「モミとツガ」・「ヒノキとサワラ」の見分け方、ミズメの匂い体験等をここですまします。

そうこうしている内に、雨は小降りになりました。2つの班に分かれ、元気よく「歩きます」。
d0105723_09375600.jpg

出発の遅れや、この後の天候の崩れも配慮し短縮バージョンで歩きました。
d0105723_09380792.jpg

満開の「ミツマタ」を、皆さんカメラに収めていました。
d0105723_09370974.jpg

沢沿いを歩いていると、樹木に隠れるようにひっそりと咲いていました。
ハルトラノオ
d0105723_09365497.jpg
段戸裏谷では、この付近だけに咲くようです。

ご注意ください。
d0105723_09372673.jpg
またまた、通行止めが行われます。

今年の森林教室は5月25日の代田小学校から始まり、9月28日の小坂井東小学校までの長丁場となります。
体調を整え、子どもたちの「良い思い出」作りのお手伝いをしたいと思います。
皆さん、宜しくお願いします。
(第487話 完)

by 渓
[PR]
# by honokuni1997 | 2017-04-27 09:50 | 野外・訪問授業

企業の森活動日記 ガステックサービス㈱・サーラの森

4月20日(木)
新入社員の門出を祝うかのように、満開のミツバツツジが出迎えてくれました。
d0105723_08491410.jpg

ガステックサービスさん恒例の、新入社員の記念植樹。連日多忙な研修の合間を縫って、しばしの息抜き?、いや植樹も研修の一環です。今回も、株主優待券を使っての植樹も併せて行います。

現地に向かうマイクロバスの車中で森についての様々なことを学習、もちろん植樹に際し必要なことも真剣に学びました。

いざ、本番。
d0105723_08495402.jpg

しかし、今回は新入社員用20本に加え優待券分が100本あります。なれない鍬を手に、数は多くも、1本1本心を込め真剣に植えつけます。
d0105723_08500826.jpg

美味しい昼食をいただいたのち、これまた恒例の「森の散策」。植樹疲れもなく、元気に歩きます。

森を歩くとよく目にする、「リスの食卓」。通常の食卓には栗の皮やイガが乗っていますが、珍しいものを見つけました。それも、一つだけではなく、あちらこちらにあります。その形から「森のエビフライ」と呼ばれているもので、リスが松ぼっくりの芯だけを残し食べたものです。
d0105723_08502642.jpg
見れば見るほど、「エビフライ」そっくりです。

さらに散策が進み、植樹スタッフの体の大きな、とある人物・・・、あのY本さんが枯損木を押した途端に、何かが落ちてきました。落ちたそのものは、ごそごそと動いています。そして、「勝手にしてくれ?」と、ふてくされたように仰向きに。よく見ると、何と「ムササビの子供」です。
d0105723_08492680.jpg
そのふてくされたポーズは、まさに「滑空」ポーズです。

道下のフィールドの散策では、最後には谷底まで下りてしまいます。
d0105723_08503904.jpg

下りたからには、上らなくてはなりません。そのコースには通常コースに加え、通称「アドベンチャーコース」と呼ばれる過酷なルートが存在します。そんな過酷なルートに果敢に挑戦します。
d0105723_08493967.jpg
息も絶え絶えながらも、皆さん登頂?を果たしました。

新入社員の研修は、配属の決まる5月末まで続くようです。皆さん、体を大切に頑張ってください。
そして、たまには「癒しの森」へお越しください。今日は、大変お疲れさまでした。そして、有難うございました。
(第486話 完)

by 渓



[PR]
# by honokuni1997 | 2017-04-21 09:12 | 森づくり支援